やりたかったことをサッサとやりなさい

グッチ元人事部長の起業コーチが教える、「売れる強み」でいつの間にか豊かになる法則

*

イヤなお客さんが来ちゃった!

      2019/02/24


 

こんにちは、小山です。

 

起業したらとにかく新規集客をしないといけませんね。

 

だからブログを頑張ったり、交流会に参加したり、FacebookやLINE@を頑張ったりするわけです。

 

そして、少しずつ新規のお客さんが、来始めます。

 

ある意味、起業して一番楽しい時期かもしれません。

 

で、そう思っているとある時、「イヤなお客さん」が現れるのです(汗)

 

・どうも話が合わない

・いちいち自分の言うことに反論する

・言った通りにしてくれない

・とにかく生理的にイヤ;;;

 

などなど。。。

 

誰もが一度は経験することですが、こんなお客さんにどう対応するか、悩む方が多いようです。

 

真面目なコーチやカウンセラーほど

 

「私がお客さんを選ぶなんて、そんな大それたことはできません(汗)』

 

と思うみたいなんですね。

 

しかし、実際は、、、お客さんは、しっかりと選ばないといけません。

 

考えてもみてください。

 

個人事業主は自分が商品です。

 

そして、どんなメンタルの状態で過ごすか、が一番重要と言っても良いのです。

 

朝起きた時に

 

「ああ、今日あのお客さんがくる、、、泣」

 

と思ってるようじゃあ、いい仕事はできません。

 

だから、自分が一緒にいて「気持ち良い」と、思える人をお客さんにするべきなのです。

 

では具体的にどうするか、ですが、、、

 

まず、「付き合いたいお客さん」と、「イヤなお客さん」を言語化することです。

 

「付き合いたいお客さん像」は、「ペルソナ」と言って、言語化する人は多いですが、

 

その時に「付き合いたくないお客さん像」も、一緒に言語化しておくと良いですね。

 

そして、ブログやメルマガの発信の段階で、その意識を持つことです。

 

来てほしいお客さんだけに向けて記事を書き、来て欲しくないお客さんには

 

「来るなよー」

 

と言う意図を持って書くのです(笑)。

 

ちょっと怪しい話に思うかもしれませんが、実際、これは効果があります。

 

私も経験がありますが、特に最初の頃は

 

『とにかくお客さんになってくれるなら、だれでもいい!!』

 

と言う意識になりがちなんですね。

 

だから、実際にいろんな人がやって来るのです。

 

この意識の整理をまずやらないといけません。

 

それが自分の中で明確になってくると、日々の発信が変わります。

 

同時にSNSの投稿や、そこでアップする写真も違ってきます。

 

そうやって好きなお客さんだけが、集まるような「空気感」を作って行くのです。

 

中には、来てほしいお客さんや、来て欲しくないお客さんについて、はっきりと書く場合もありますね。

 

例えば、、、

 

 

********
こんな人は来ないでください!

・依存的な人

・行動する気のない人

・アドバイスを素直に聞かない人
********

 

みたいな感じです。

 

これも効果がありますが、気をつけないといけないのは、

 

・なんかこの人敷居が高い

・気楽に相談しにくい

・タカビーじゃない?

 

など、ネガティブな印象も与えるリスクがある、ということです。

 

これは発信する人のキャリアやキャラクターによるので一概には言えませんが、もし「イヤなお客さん」ばかりが続いた時は、思い切って書いた方が良いかもしれません。

 

いずれにしても、自分のスタンスを明確にして、それをいろいろな形で伝えるのは必須です。

 

ぜひご自分のお客さん像を明確にして発信を続けてください!

LINE@もやってます!

友だち追加

Post Footer automatically generated by Add Post Footer Plugin for wordpress.


 - 強みを知る