やりたかったことをサッサとやりなさい

グッチ元人事部長の起業コーチが教える、「売れる強み」でいつの間にか豊かになる法則

*

【売れる強み】最初に売れた継続プログラム

      2017/12/26


 

こんにちは、小山です。

 

先日は、7月からスタートした「スイートスポット・プロデュース」の最終回でした。

 

「売れる強み」をしっかりビジネスにしていく半年間の講座でしたが、一人の脱落者もなく(笑)、無事に全員修了することができました。

 

最後は大きなお花までいただいて感無量です^^。

 

講座は、マンツーマンのコンサルとは違った良さがあって、何よりも受講生同士が助け合ったり、刺激しあったりして一緒に成長していく様子が面白いです。

 

特に起業初期は、最初に考えていたのと全く違う方向性になる場合も多くて、その”ブレ具合”が楽しめるようになったら起業コンサルも一人前です(笑)

 

ま、それはともかく、主催者としてもとても楽しく、学びの多い講座でした。

 

ご参加いただいた皆さんのこれからの活躍が楽しみです。

 

 

以前も少し書きましたが、私はこれ以外にもいくつか講座を主催しています。

 

来年1月からスタートする「性格ベストフィット起業」

 

さらにビジネス拡大したい起業家のための「ビジネスナビゲーション講座」

 

そして、これも来月からスタートする「高成約メールブランディング」

 

こういった、いわゆる「高単価サービス」をいくつか持っていると、ビジネスが安定し、拡大していきます。

 

私が起業してから現在までなんとかやっていけているのは、こういった「高単価 サービス」を継続的に開発、提供しているからです。

 

その最初のきっかけになったのが、先日も書いた通り「100日起業」というプログラムでした。

 

先日の記事はこちらです

 

このプログラムのおかげで、私はたくさんのクライアントさんやメルマガ読者さんと知り合うことができました。

 

そして、あんなに難しいと思っていた「月収100万円」も、アッサリと達成していました。

 

まさに、「売れる高単価サービス」の威力をまざまざと感じた経験だったのです。

 

その後、約3年半ほど提供していたので、まあ「ロングセラー」と言って良いでしょう。

 

しかし、いきなりこのプログラムが生まれたわけではありません。。。

 

最初に私が作った継続プログラムは、「パーフェクト・キャンディデート養成講座」という4ヶ月のプログラムでした。

 

あ、キャンディデート、というのは「候補者」という意味です。

 

あまり耳慣れない言葉ですが、外資系ではよく使います。

 

面接を受けに来る人のことを「キャンディデート」と呼ぶのですね。

 

余談ですが、大統領候補も「キャンディデート」です。

 

それはともかく、、、

 

当時は転職などのキャリア支援をメインにしていたので、「完璧な候補者を養成する」という意味で名付けたのです。

 

内容は職務経歴書の指導、添削から、面接対策、良い人材紹介会社の見分け方、など、かなり手厚い内容でした。

 

私自身が外資系の会社で長い間採用マネージャーをやっていたし、自分自身も何度か転職しているので、まさに「十八番」の内容だったのです。

 

このサービスの告知文を書いている時、私は自分の中に力がみなぎって来るのをはっきりと感じました。

 

今でもあの時の感覚はしっかりと覚えています。

 

「自分の知識や経験をサービスとして形にし、提供する」

 

それがこれほど力強いものだということを、その時初めて知りました。

 

私は、すべてのコーチやカウンセラーなどの個人事業主は、このような高単価サービスを持つべきだと思っているし、実際にそれは作れる、と思っています。

 

誰にでも、その人が今までの人生で体得してきたスキルや知識があるはずだからです。

 

ただ、そのやり方を知らないために、いつまでも低単価の単発セッションなどに甘んじている方が多いことも知っています。

 

そんな方には、私の体験談がおそらくお役に立つのではないかと思うので、次回以降ももう少しこの話を続けようと思います。

 

Post Footer automatically generated by Add Post Footer Plugin for wordpress.


 - 強みを知る