やりたかったことをサッサとやりなさい

グッチ元人事部長の起業コーチが教える、「売れる強み」でいつの間にか豊かになる法則

*

【売れる強み】お申し込みが入らない時にまずやること 

      2017/08/31


 

こんにちは!小山です。

 

あなたは毎月ご自身のサービスを提供されていますね。

 

フロント商品と呼ばれる単発のセッションやセミナーなどです。

 

毎月ある程度、決まった数の申し込みがあると売り上げの予測ができますね。

 

ところが申し込みの数が少なかったりすると、途端にアセるわけです;;;。

 

もちろんその気持ちはよくわかります。

 

その場合は、まず深呼吸をして(笑)、あなたの導線を思い浮かべてください。

 

 

その単発セッション(あるいはセミナー)は、どこからのお申し込みが多いですか?

 

おそらくメルマガかブログ経由でしょう。

 

では、仮にメルマガだったとして、メルマガ

 

・開封率

・新規登録数

・解除数

・配信頻度

・配信数(読者数)

 

を調べてください。

 

以前の月に比べて、数値が落ちているところはないでしょうか?

 

もし開封率が落ちているのであれば、記事の内容、特にタイトルに工夫が必要かもしれません。

 

あるいは、開封率は同じだけど、配信数が減っている場合もあります。

 

その場合も、新規登録が減っている場合もあれば、新規は増えているのにそれ以上に解除増えている場合もあります。

 

それぞれの現象によって、対処の仕方も違うのです。

 

もしアメブロ経由であれば、

 

・読者数の増減

・PVの増減

・投稿頻度

・記事内容

 

などの変化を見ていくことになります。

 

さらにチェックすべきデータは、、、

 

あ、ちょっと長くなったので、ここまでにしておきます(笑)

 

実はこういった、申し込みがあるとかないとか、売れるとか売れないとかいうことは、感覚値ではなくデータを見ながら判断することも重要です。

 

特に、時系列の比較です。

 

「うまくいっていた時と比べて、どこかに変化が起こっていないか?」

 

ということを念頭に置いて、原因を探るべきなのです。

 

が、私たちはそれを忘れて、アタフタします、、、汗。

 

ぜひクールに原因を分析して、対策を立ててください。

 

Post Footer automatically generated by Add Post Footer Plugin for wordpress.


 - 強みを知る