やりたかったことをサッサとやりなさい

グッチ元人事部長の起業コーチが教える、「売れる強み」でいつの間にか豊かになる法則

*

【売れる強み】見落としがちなマーケット 

   


 

こんにちは!小山です。

 

最近ずっとスイートスポットのことを書いてます。

 

自分で見つけやすい強み

 

イヤなことでもお金のためにやったほうがいいですか?

 

小山がスイートスポット・コンサルをできる理由

 

4つのポイントがあるんですがその4つ目は「市場」です。

 

いうまでもないことですが、お客さんがいないと売れません。

 

どんなにあなたが「これをやりたいんです!!!」と叫んでも、相手自身が欲しい!と思わなければ、絶対にお金は払わないわけです。

 

あなたも、買い手の立場になればそうですよね?笑

 

だから、「”売れる”強み」を考えるのなら、正しいお客さんを見つけないといけないわけです。

 

ここがズレると、どんなに情熱を持って、どんなに素晴らしいサービスを提供しても売れません。

 

それどころか、頭ごなしに否定されることすらあるのです。。。

 

 

 

おはようございます。

 

昨日はスイートスポット・コンサルありがとうございました。

 

とてもエネルギッシュで有意義な時間で、たくさんの気づき、ギフトをいただきました。

 

一番の強みを使っていないと言われ、

 

そうか、だからこんなに苦しいんだと腑に落ちました。

 

いつも、なんだかモヤモヤ

 

言いたいこと、伝えたいことはたくさんあるのに

 

伝わらない、伝えられていないもどかしさ・・・。

 

その強みを出す場面、相手が違ったこと、

 

エネルギー循環がうまくいかなかったことは、

 

その強みをきちんと「仕事」として使っていなかったことにもあると、

 

改めて認識しました。

 

どうしてそういうことになっていたのかも明確になり、とてもスッキリしています。

 

アロマやカラーはあくまでツール、

 

自分自身の持っている力をメインに、

 

「心豊かに富を起こす」プログラムを考えます。

 

これまで、すべてのことを自分一人でやらなければならないと頑張ってきましたが、

 

信頼できる方のお力を借りて、さらなるブラッシュアップしていきたいと思います。

 

ありがとうございます。

 

愛と光とときめきを☆

tokiris.富起子さん

 

 

ありがちなのが、友達や両親にサービスや価格の相談をしたり、モニターで受けてもらって、感想をもらう、ということです。

 

これは、絶対やめたほうがいいです。

 

いうまでもなく、そういう人は最初から買う気がありません。

 

それどころか、自分だけの経験や思い込みで好きなことを言います。

 

平気でダメ出しや、コンサルまでしてくれます(笑)

 

もし相手が「見込み客」つまり売りたい相手であれば、そのアドバイスには真摯に耳を傾けるべきです。

 

しかし、もしそうでなければ、、、シカトです(笑)

 

売る時と、リサーチする時も、正しい相手を選ばないといけないのです。

 

一方で、こういう例もあります。

 

すでに自分の周りに、サービスを必要をしている人がいる。しかし、自分は全くそれに気づいていない、、、。

 

そんなバカな、と思うかもしれませんが、そういう人に限って真面目に考えたことがありません。

 

実際、私のコンサルでも

 

「すでにあなたの周りにその強み(サービス)を必要とする人がいるはずだから、メールで聞いてみてください」

 

とアドバイスすることがよくあります。

 

すると、、、アッサリ売れたりするのですよね(笑)

 

近い的は、当てやすいです。

 

一方、どこにいるのか見当もつかないお客さんに売ろうとすると、時間もエネルギーもかかります。

 

今現在、あるいは過去のネットワークの中に自分の見込み客がいないかどうか、しっかり考えるといいですね。

 

そこにいる人が最初のお客さんになってくれる例はものすごく多いです。

 

そして、「ああ、こういうタイプの人が自分のお客さんなんだ」ということが具体的にわかれば、それをベースにして発信の仕方を決めればいいですね。

 

近い的は、当てやすいのです^^。

 

ぜひお試しください!

 

Post Footer automatically generated by Add Post Footer Plugin for wordpress.


 - お客様の声, 強みを知る