やりたかったことをサッサとやりなさい

グッチ元人事部長の起業コーチが教える、「売れる強み」でいつの間にか豊かになる法則

*

起業初心者のための「心が折れない」競合調査のポイント

   


 

こんにちは、小山です。

 

今日はお盆も台風も、全く関係ない話題です(笑)

 

競合調査ってあるじゃないですか。

 

自分と同じジャンルで活躍する、いわゆる「ライバル」の動向をウォッチするわけですね。

 

これは常にやっておくものですが、起業したばかりの方は特に重要です。

 

自分より先行しているのはどんな人で、どのように自己を打ち出しているのか。

 

・コンセプト

・ブログ記事

・サービスのコンテンツとそのクオリティ

・バックグラウンド

・どんなお客さんが集まっているのか

 

などなど、チェックする項目は様々です。

 

そこでありがちなのが、

 

 

競合調査をして凹む

 

というパターンです(汗)。

 

こんなにすごい人がライバルだったら、勝ち目ないじゃん、、、涙

 

と思って、心が折れるのですね。

 

ぶっちゃけ、凹んでモチベーションが下がるぐらいなら、やらない方がマシです^^

 

そうではなくて、競合を見るときは

 

「自分との違い」を探すようにしてください。

 

あるいはもっとハッキリ言うと、「競合のアラ探し」です(笑)。

 

フツーの読者目線で、クールにイヤらしく見るのです。

 

ものすごい実績があって、人気抜群の先生だって、生身の人間です。

 

100%完璧ということは、あり得ません。

 

だから、ちょっと意地悪な目で見ると、色々と見えてくるはずです。

 

「相手を飲んでかかる」と言っても良いでしょう。

 

・ものすごい実績があるけど、近寄りがたい印象があるよね

・結構な年齢だから、若い人には敬遠されるかもね、、、

・ビジュアルがイマイチ、、、笑

 

あるいは、もしも若くて成功している先生であれば、

 

・人生経験があまりないから話に深みがない

・オラオラな感じが女子には、敬遠されるかもね

 

みたいな感じです。

 

さらに細かく見ていくと、

 

A先生は商品設計は詳しいけど、セールスはそうでもない

 

B先生はコンセプト作りは上手だけど、ライティングはそんなに力を入れてない

 

C先生はノウハウ記事が多いけど、大きなビジョンとかコンセプトはあまりこだわってないみたいだ

 

など、いろいろな凸凹が見えてくるはずです。

 

こういうところを見ながら、

 

じゃあ自分はどこで差別化できるか

 

と考えるのです。

 

自分だったらものすごい先生よりも、悩んでいる人と同じ目線で話を聞ける

 

とか

 

自分の持っているセールスのスキルは、まだ誰も使ってないから、これを押せばイケる

 

とか、いろいろなアイディアが浮かんでくるはずです。

 

ぜひ、アラ探しをするつもりで(笑)、競合調査に取り組んでください。

LINE@もやってます!

友だち追加

Post Footer automatically generated by Add Post Footer Plugin for wordpress.


 - 強みを知る