やりたかったことをサッサとやりなさい

グッチ元人事部長の起業コーチが教える、「売れる強み」でいつの間にか豊かになる法則

*

スランプの時にやるべき2つのこと 

   


 

こんにちは、小山です。

 

スランプって誰にでもありますよね?

 

どうも調子が悪い、思ったような結果が出ない、という場合です。

 

そんな時どうすればいいか、というのが今日の話題です。

 

やることは2つ。

 

カンタンでしてね、、、

 

 

まず、一つ目のアクションは、「うまく行っていた時を思い出す」ということです。

 

これには2つ意味があります。

 

良かった時とスランプの現在を比較して、どこか変わったところがないか確認するということです。

 

スポーツ選手でも、本人の気づかないうちにフォームが微妙に変わっている、ということはよくあると思うんですよね。

 

それで結果が出なくなる、、、。

 

仕事でも同じことがあります。

 

私は何度も経験しています(汗)

 

だから、調子が悪いな、と思ったら、良かった時のことをじっくり振り返るのです。

 

そうすると、その時はやってたけれど、今はすっかり抜け落ちている、ということが見つかることがあります。

 

もちろん、その逆の場合もあります。

 

余計なことをやって、かえっておかしくなっているケースですね(笑)。

 

実際、この振り返り作業をやって、スランプを抜け出したクライアントさんも大勢います。

 

もう一つ、この作業をやる意味があります。

 

それは、「自分もいい仕事をしてたじゃないか」と自分を励ますということです。

 

人間はともすると短期的な視野になりがちで、調子が悪い時はなおさらですね。

 

もうお先真っ暗、八方塞がり;;;、という気分になりがちなのです。

 

いやいやそうじゃないでしょ、と自分に言ってあげて欲しいのです。

 

「前はあんなにうまく行ってたじゃん」

 

ということを自分で思い出すことができれば、目の前の難関にも立ち向かうことができますね。

 

そして2つ目のアクション。

 

それは「自分の人生を振り返る」ということです。

 

なんか、いきなり大げさですが、、、汗

 

まあ、人間なんて調子のいい時には、あまり自分を振り返ったりしないものです。

 

ましてや自分の至らない点を改めようとは思いません。

 

だから、スランプの時は思い切り落ち込んで、過去の悪行を反省すればいいのです(笑)

 

・あの時もっと他の人の意見に耳を傾ければ良かった

・もっと身近な人を大事にすれば良かった

・もっと慎重にことを運ぶべきだった、、、

 

そんな風に謙虚に自分自身を振り返ることでさらに成長することができます。

 

そう考えると、スランプも決して悪いことではないのです。

 

もしも「最近どうも調子が悪いなあ、、、」、と思われるのであればぜひ2つのアクションをやってみてください。

 

・うまく行っていた時を思い出す

・自分の人生を振り返る

 

良かったら、やってみた感想も教えてください。

 

Post Footer automatically generated by Add Post Footer Plugin for wordpress.


 - 強みを知る