やりたかったことをサッサとやりなさい

グッチ元人事部長の起業コーチが教える、「売れる強み」でいつの間にか豊かになる法則

*

【売れる強み】あなたの物語があなたの起業を救う 

   


 

こんにちは!小山です。

 

先日は、売れる強みをお金に変える「スイートスポット・プロデュース」の第4回でした。

 

テーマは、「ストーリーとプロフィール」

 

特に、ストーリーについて時間を割きました。

 

参加者がなぜ起業しようと思ったのか、その物語についてです。

 

起業を志す多くの人は、どこかの時点で会社員などの安定した環境を捨てる決意をします。

 

あるいは副業であったとしても、忙しい毎日の中、睡眠時間を削って取り組みます。

 

それは一体なぜなのでしょうか?

 

「自由になりたい」、「もっと稼ぎたい」、「家族との時間を増やしたい」という個人的な動機はあるでしょう。

 

しかしそれにしても、何かもっとその人を突き動かす原動力があるあるはずなんですね。

 

それを掘り起こす作業をやっていただきました。

 

「私のサービスを受けるとこうなりますよ」というベネフィットを伝えるのは当然です。

 

さらにそれに加えて、本人の起業への経緯や「思い」、ちょっとしたエピソードを語ると、より一層聞き手(読み手)を引きつけることができます。

 

魅力的な物語は多くの人を巻き込む力があるし、いつまでも記憶に残りますからね。

 

あなたの今までの人生の物語が、あなたの起業を成功に導くのです。

 

 

それで面白かったのが、それをチーム内で発表した時に、本人の想定外のところで他のメンバーが反応したことです。

 

話している本人にとってはなんでもないことなのに、聞いている人が「えーー!」と驚いたり「面白い!」と食いついたりするのですね。

 

本人の思っている「ツボ」と、周囲の反応がずれるということです。

 

実際、こういうことはよくあります。

 

だから、とりあえず喋って反応を見ることなんですね。

 

これは、ストーリーに限らず、新サービスのアイディアとか、告知とかもそうです。

 

自分がいいと思っても反応がイマイチのことは(本当に本当に)よくあります。

 

もちろん、その逆もあります。

 

そして、ウケることがわかったらそのネタはずっと使えます(笑)

 

だからあなたも、なぜ自分が起業を志したのか、それによって誰を幸せにしたいのか、などを書き出してみてください。

 

そして、一つの物語として他の人に聞いてもらってください。

 

喋っていて不自然なところは修正の必要があります。おそらく本当のことではないからです(笑)

 

逆に、予想外のところに反応したら「しめしめ」と思ってください。

 

そこに、顧客獲得のヒントがあるはずですので。

 

Post Footer automatically generated by Add Post Footer Plugin for wordpress.


 - 強みを知る