やりたかったことをサッサとやりなさい

グッチ元人事部長の起業コーチが教える、「売れる強み」でいつの間にか豊かになる法則

*

お客さんの頭の中を想像したことがありますか?

      2016/12/25


 

こんにちは!小山です。

 

あなたはブログやフェイスブックに記事や写真を投稿したり、メルマガを書いたりする場合に、どんなことを考えていますか?

 

・自分のことをもっと知ってほしい

・自分のサービスに興味を持ってほしい

・自分の美しさを認めてほしい、、、笑

 

など、様々だと思います。

 

自分がどういう人間で、どんなことをしているのかを知ってもらうのは、自分でビジネスをする上で必須のことです。

 

しかしさらに考えてほしいのは、お客さん(読者)の頭の中です。

 

あなたの記事を読んだ人の頭の中で、あなたはどんな人として認識されているでしょうか?

IMG_2870

 

人間は何に対しても「ラベル」をはりたがります。

 

そして、そのラベルに従って自分の頭を整理し、理解したつもりになるのです(笑)

 

ですから私たちは、「相手の頭の中でどのようなコーチ、カウンセラーとしてどんなラベルを貼られているか」というところまで考える必要があるのです。

 

・この人(あなたのこと)は何のプロなのか

・この人(あなたのこと)はどのような人物なのか

・記事を読んでいる自分(つまり、お客さん自身)との相性や距離感はどうか

・結局、自分はこの人(あなたのこと)を「好き」か「嫌い」か

・この人(あなたのこと)は、自分がお金を払って相談するに値するか

 

ここまで要素を分解するといろいろなことがわかります。

 

ひょっとするとあなたは、

 

「ビジュアルはすごく好きだけど、何をしている人かよくわからない」

「誠実なコーチだとは思うけど、なんか頼りなさそう。。。実績あるのかな?」

「すごく信頼感があるカウンセラーだけど、ちょっと近づきにくそう、、、自分はカンケーないかも」

 

という見られ方をしているかもしれません。

 

こんな場合、「与えているイメージはポジティブなのに、仕事には繋がらない」ということが起こります。

 

いや実際、多いです、こういう人、、、。「セルフ・ブランディング」が大失敗してるのに気づいていない;;;(汗)

 

だから、あなたはこうならないように注意しないといけません。

 

複雑ですね、、、でも、売れている人はここまで考えています。

 

あるいは、もしもあなたが天性の人気者で、「自分ではよくわからないけど売れている」ということであれば、ぜひ上記のポイントに沿って冷静に考えてみてください。

 

実際に何人かの人にヒアリングをしてもいいですね。

 

きっと新鮮な視点がたくさん出てくると思いますよ。

 

【関連記事】

お金を呼ぶ「セルフ・ブランディング」

 

 

Post Footer automatically generated by Add Post Footer Plugin for wordpress.


 - 強みを知る, 駆け出しコーチ、カウンセラー