やりたかったことをサッサとやりなさい

グッチ元人事部長の起業コーチが教える、「売れる強み」でいつの間にか豊かになる法則

*

他人と比較して落ち込んだ時の対処法

   




こんにちは!小山です。

 

突然ですが、あなたは他人と自分を比較して落ち込むことはありませんか?

 

ありますよね?

 

起業していると特に、
 

・あの人はあんなにお客さんがいっぱい集まって、売れている。それに引きかえ自分は、、、
 

・あの人はあんなに可愛くてFacebookでもいいね!がいっぱいついている。それに引きかえ自分は、、、
 

・あの人はあんなに話すのが上手でウケまくっている。それに引きかえ自分は、、、
 

など、数え上げたらキリがありません。

 

そんな時、あなたはどうしますか?
 

泣く?
 

フテ寝する??
 

相手の悪口を言ってこき下ろす??
 

どれも一時的に気分はスッキリするかもしれませんが、あまり建設的とは言えません。

 

ではどうするか??

 

いくつか対処法があるので、今日はそれをご紹介します。

 

まず一つ目は、、

 

 

「気にしない」ということです(笑)。

 

 

「あの人はあの人、自分は自分」です。

 

「あれはあれで良い、自分は自分で良い」と割り切ることです。

 

これができると最強です(笑)

 

他人に惑わされず、自分のペースで生きていくことができます。

 

だって、その人が何をしようが、あなたの人生に関係ないですよね?

 

そしてもしあなたが「最強な上に謙虚な人」であれば、その人をじっくり観察すればさらに良いことがあります。
 

・なぜあの人はあんなに人気があるのか
 

・その人はどのような点を努力しているのか
 

・自分はどのようにそれを取り入れれば良いのか
 

そうやって相手の良いところを取り入れることができればあなたもさらに成長できます。

 

そして、もしもさらに余裕があれば、
 

「その人と比べて、自分が勝っているのはどこか」
 

ということも考えると良いですね。
 

全てにおいて完璧という人はいません。

 

カバーしていない客層とか、苦手な分野とかビジュアルがイマイチとか(笑)

 

いくらでも出てくると思うんですよね。

 

それがあなたの差別化ポイントになる可能性は大なのです。
 


 

いかがですか?希望が湧いてきましたか?

 

「待ってください小山さん、それができれば苦労しませんよ、、、」
 

と思いましたか?

 

わかりました^^

 

ではもう一つヒントをお伝えします。

 

それは、、、

 

自分なりの基準を持つということです。

 

自分で納得できる「成功の基準」、「幸せの基準」です。これがないと、周囲に振り回されます。

 

ものすごくわかりやすい例で言うと、あなたが今、年収500万円だったとします。

 

「こんなんじゃイヤだ、絶対1000万円欲しい!」と思って、頑張って1000万円になりました。

 

するとあら不思議!

 

身近に3000万円とか5000万円とか1億円とか稼いでいる人がウジャウジャいるじゃありませんか!!

 

そこでまた落ち込む、、、 という無限ループにハマっていくのです。

 

そもそも、なんで1000万円必要なんですかね?

 

もっと言うと、どうして自分と関係ない3000万円の人と比べて落ち込まなきゃいけないんですかね?

 

という話です。

 

これ、今はサラッと書いてますけど、ものすごく深い話なのでぜひじっくり考えてください。

 

話をわかりやすくするために売上の例を出しましたが、それ以外でも同じです。

 

パートナーがいるとかいないとか、子供の成績が良いとか悪いとか、家が広いとか狭いとか、、、

 

全てに当てはまる話です。
 


 

で、ひょっとしたらあなたは「話はわかったけど、やっぱり人と比べてしまうんです。 どうしても落ち込んでしまうんです、、、泣」

 

と思っているかもしれません。

 

わかりました、ではこれをやってみてください。

 

もし次に誰かと比べて落ち込んだら、、、

 

とことん落ち込んでください。

 

そして、布団をかぶって泣いてください。

 

そして、
 

「あーもうダメだ、
 

私は本当にダメだ、
 

どうしようもない、
 

もうお先真っ暗だ、
 

みんなに笑われる、
 

パートナーにも見捨てられる、
 

もう廃業だ、
 

ホームレスだ、
 

うわーーーーー」

 

と、とことん落ち込んでください。

 

そうやって一番底まで落ちると、、、

 

 

 

 

今度は浮上します(笑)。

 

どん底で終わりではないのですね。あなたはそんなに弱くありません。

 

「いやいや、自分はそんなにダメじゃない。だって、あれもできるし、これもできる。
 

あ、そういえばあんなこともできた、こんなことで喜ばれた、、、」
 

などの感情が湧き上がってくるはずです。

 

こういうことを何度かやっていると、いちいち落ち込まなくなります。

 

そしていつの間にか立派な「ツラの皮の厚い起業家」になっていくのです(笑)

 

ここで大事なのは、途中でやめないということです。途中でやめるから「底付き感」を味わえないのです。

 

結果として、浮上する感覚も味わうことができません。

 

だからぜひここに書いてあることを騙されたと思ってやってみてください。

 

とことん落ち込むのです。

 

そのうち、多少のことでは凹まなくなると思いますので。

 

ではまた!
 
 

LINE@もやってます!

友だち追加

Post Footer automatically generated by Add Post Footer Plugin for wordpress.


 - 強みを知る