やりたかったことをサッサとやりなさい

グッチ元人事部長の起業コーチが教える、「売れる強み」でいつの間にか豊かになる法則

*

お客さんのことばかり考えてるのに売れないのはなぜ?

   




こんにちは!小山です。

 

起業したのになかなか結果が出ないと悩む人は多いです。

 

起業初期の場合もあるし、ある程度結果が出た後でも、迷いが生じることもあります。

 

思うように結果が出なくて、ジタバタする時期です。

 

ありますよね?

 

私はあります(笑)

 

じゃあそんな時どうするか、という話です。

 

結論を先に言うと、、、
 

今やっていることと真逆のことをやる(考える)
 

ということです。

 

例えば自分が
 

「お客さんはなにを求めているんだろう?」
 

ということばかりを考えて、それでもうまくいかないなら
 

「自分はなにをしたいんだろう?」
 

という問いかけをしてみることです。

 

自分を殺して、お客さんに合わせようとした結果、パワーも半減するし、何よりお客さんからみてものすごく違和感を感じる、というのは意外と多いものなのです。

 

自分では正しいことをしているつもりが、反対に力を削いでいるケースです。



もちろん逆の場合もあります。

 

「自分はなにをしたいんだろう?」
 

ばかり考えて、お客さんに全く目がいかないケースです。

 

これも、ものすごく多いです。自分にばかりベクトルが向いて、お客さんの心を掴むことができないのです。

 

この場合は自分の気持ちは脇に置いて、お客さんのことを真剣に考えるべきです。

 

ビジネスの王道ですね^^

 

それ以外にも
 

「高額商品を作りたい、売りたい」
 

と思ってなかなか作れない、売れない、という状況であれば、
 

「もっと気軽に申し込めるサービスを作れないか」
 

と考える。

 

それがお客さんの欲しがってるものかもしれませんからね^^

 

反対に、、、

 

安いサービスばかり提供して疲弊しているなら、
 

「どうすれば高額サービスを提供できるか?」
 

と考えてみる。

 

自分を犠牲にするビジネスはどうせ行き詰まります。

 

さらにさらに、、、

 

売れてるライバルが気になって
 

「自分はあんなふうにはなれない」とか
 

「どうやったらあんなに売れるんだろう」
 

と考えてしまうようなら、
 

「ライバルは関係ない、自分は自分」
 

と考えてみる。

 

実際、ライバルを気にしすぎて自分を見失うケースはかなり多いです。

 

反対に
 

「誰がライバルなのかさえ知らない、考えたこともない」
 

という状況であれば、
 

「自分と同じ市場に対して、一体誰が、どんな風に売っているのか」
 

と考えてみる。

 

再び、これもビジネスの王道ですね^^



私たちはどうしても自分の見たいものだけを見てしまうので、大事なことに目がいかなくなります。

 

少し対象から離れて、自分や自分を取り巻く環境を客観的に見てみると、盲点に気づくことがよくあります。

 

一生懸命頑張っているのにうまくいかない、と思う人は、視点を変えると良いですね。

 

特に以下の3つです。
 

・自分自身に関すること
 

・お客さんに関すること
 

・ライバルに関すること
 

ぜひご自分を振り返ってみてください。

 

ではまた!
 
 

LINE@もやってます!

友だち追加

Post Footer automatically generated by Add Post Footer Plugin for wordpress.


 - マーケット, 強み