やりたかったことをサッサとやりなさい

グッチ元人事部長の起業コーチが教える、「売れる強み」でいつの間にか豊かになる法則

*

伸び悩んでるな~、と思った時にやること

      2019/11/05


 

こんにちは、小山です。

 

起業して何年か経つと、伸び悩みの時期がやってきます。

 

・これまでは楽しく、情熱を感じながらやってきたのに、なぜか最近気分が乗らない。。。

・ルーティン的にやっていたことを自分にムチ打ってやろうとするけれど、やっぱりできない

・ムリやりやってもなぜか反応がない、、、

・ひょっとしたらもう自分は、限界なんじゃないか?

・でも、他にやりたいことも見つからない

 

ね、経験あるでしょ??

 

あるいはひょっとしたら、今まさにそんな状況だと思われているかもしれません。

 

一時的な落ち込みならともかく、こんな状況が何ヶ月も続いているとしたら、本格的に自分のやっていることを見直す時期です。

 

もう「次のステージに行け」ということかもしれませんよ。

 

「次のステージ」って言われても、何をどうしていいかわからない;;;;

 

と思われるかもしれませんので、その場合の目の付け所について動画で話しました^^。

 

 

そして、ここからは動画で話してませんが(笑)、やっぱり大事なことは、自分のビジョン、つまり理想の将来像を描くことですね。

 

出来るだけ具体的に明確であれば、それに越したことはありませんが、漠然としていても構いません。

 

できれば、仕事だけではなくて、人生そのもののビジョンがオススメです。

 

仕事でこうなりたい、という願望と、理想的な人生のビジョンが矛盾するケースが多いからです。

 

・「全国にお客さんを持って日本中を飛び回りたい」と思う一方で「幼稚園に行ってる子供との時間を大事にしたい」というような場合です。

 

あるいは、

 

年商3000万円稼ぎたいけど、嫉妬深い旦那との関係も壊したくない

 

というような場合です。
(両方とも「例えば」の話ですからね^^)

 

だからまず、人生全体のビジョンから描くのがオススメです。

 

その次が仕事ですね。

 

その時に大事なのは

 

「売上数字でビジョンを描かない」

 

ということです。

 

男性の場合はついこれをやってしまいますね。

 

しかし一部の人を除いて、売上数字などの定量的なものよりも、定性的なものを考えてください。

 

・自分は誰を幸せにしたいのか

・誰と、どこで、どのように働きたいのか

・その時自分はどんな感情を味わっているか

 

などです。

 

また、絶対にやりたくないことを、書き出してみるのも良いですね。

 

こんな感じで、ぜひあなたの将来ビジョンを見直す機会にしてみてください。

 

もちろん、特に伸び悩みを感じていない場合でも、ちょうど来年に向けて自分を振り返るのに良い時期です。

 

ぜひトライしてみてください。

LINE@もやってます!

友だち追加

Post Footer automatically generated by Add Post Footer Plugin for wordpress.


 - 強みを知る