やりたかったことをサッサとやりなさい

グッチ元人事部長の起業コーチが教える、「売れる強み」でいつの間にか豊かになる法則

*

【売れる強み】ライティングスキルがないから売れない? 

      2017/04/14


 

こんにちは!小山です。

 

先日、タートルクレーン・ビジネスコース (つるかめ塾)の補習を行いました。

 

通常の講座とは別日程で開催しています。

 

しかも破格の参加費(笑)。

 

3期合同ですので、すでに卒業された方も参加できます。

 

で、その中で出た話を少し。

 

例えばあなたが、新しいサービスを作って売ろうと思ったとします。

 

これは有料サービスでも、無料のメールセミナーなどでも同じです。

 

で、やってみたけど全然反応がない。

 

その時よくありがちなのは、

 

「自分のライティングスキルが弱いんじゃないか?」

 

と思ってしまうのです。

 

・「書く力」がないから、売れないんだろう

 

・だから、コピーライティングのスキルを身につければ、ドドっと申し込みがくるんじゃないか

 

と想定するんですね。

 

さらにヒドい場合は、

 

・自分の読者は、お金を払いたがらない「クレクレ星人」じゃないか?

 

とか思ったりするのです(汗)

 

もちろん、そういうことはありえます。

 

あなたはもっとライティングスキルを高める必要があるでしょう。

 

ひょっとしたらもっと質の良い読者を集める必要があるのかもしれません。

 

しかし、、、

 

これは私自身もそうだったからわかるのですが、

 

多くの場合、本当の問題はそこではありません。

 

本当に見直すべき点はそこではないのです。

 

では何かというと、、、

 

 

「前行程」です。

 

・そもそも本当にお客さん(読者)は、そのサービスを欲しがっているのか

 

・だったとして、そのサービスの打ち出すメリットは、お客さんのニーズに合っているのか

 

ここを疑ってかかることです。

 

意外と私たちは

 

・自分の「売りたいもの」を売ろうとする

 

または

 

・自分が「売れるはずだと思い込んでいるもの」を売ろうとする

 

しかも、無意識のうちにそれをやってしまう生き物なのです。

 

だから、売り出そうとするサービスが

 

「お客さんのニーズに合っているのか?」

 

「そのニーズに合った、見せ方をしているか?」

 

ということを確かめる必要があるのですね。

 

ここがずれたままコピーだけを修正しても

 

「大して結果は変わらない」

 

ということになります。

 

ここは本当に要注意です。

 

この勘違いのバリエーションとして、

 

・売れないから広告出そうか?
(ニーズに合ってなければやっぱり売れない)

 

・売れないから特典つけようか?
(ニーズに合わない特典は欲しくない)

 

・売れないから、他の人に頼んで売ってもらおうか?

 

などがあります。

 

おそらく、どれをやってもコケます;;;。

 

やはり基本は「お客さん」なのですね。

 

私たちは本来、自分の好きなこと、ワクワクすることを仕事にするべきだと思っています。

 

そうでないと、長い期間情熱を注ぎ続けることができないからです。

 

しかし、、、

 

そのサービスが売れるのは

 

「私たちがワクワクするから^^」

 

ではありません。

 

お客さんが

 

「欲しい!」

 

と思ったとき、売れるのです。

 

それ以外はありえません。

 

この現実をしっかり見た上で自分のサービスを組み立て、打ち出していくべきなのですね。

 

今日は、自戒も込めて書いてみました^^

 

ぜひ参考にしてくださいね。

 

Post Footer automatically generated by Add Post Footer Plugin for wordpress.


 - 強みを知る