やりたかったことをサッサとやりなさい

グッチ元人事部長の起業コーチが教える、「売れる強み」でいつの間にか豊かになる法則

*

コンサルタントのアドバイスがしっくり来ない理由はこれかもしれない

      2016/12/25


 

こんにちは!小山です。

先日スイートスポット・コンサルを受けられた方から、こんなご感想をいただきました。

 

「全く想像もしていなかった視点からの言葉」

いま、このタイミングで小山さんとお会いしたのは、絶対に意味があるのだと思いました。
(まず、あの笑顔に、余計なことまで話してしまいます(笑))

世の中には、数多くのコンサルタントが存在します。

私は、有名コンサルタントからのアドバイスは、“絶対に正しい”と思い込んでいました。

そして、しっくり来ないアドバイスでも、「私に実力がないからだ…」「どうして私には出来ないのだろう…」と、その度に自信を失い、落ち込んでいました。

しかし、小山さんは、そんな私の〈方法論〉で悩んでいるのではなく、もっと深いところに悩みがあるのではないか。と、一緒に考えてくれました。

結果的に、全く想像もしていなかった視点で、的確な指摘をいただきました!

こんなに、一方通行ではなく、心に寄り添ってセッションを行ってくれるコンサルタントは初めてです。

事前課題を実践するだけでも、かなりの価値があります。

なかなか前進できない方には小山さんとのセッションが本当にお薦めです!

根本的なことが、違うのかもしれませんよ?^ ^
(匿名希望さん)

 

 

売上を上げる時に、2つのアプローチがあります。

 

①まず目標を決め、それを実現するための戦略を立てる。そしてそれを実行に移す

②まずやってみて、可能性のあるものを採用しながら、一番大きな成果を出そうとする

 

多くのコンサルタント、特に左脳型のコンサルタントは、①のアプローチを取ろうとします。

 

先に全てを決めて、それを実行しようとするのですね。

 

もちろんこれでうまくいけばいいのですが、実際はそうとは限りません。

 

そもそも、立てた目標にムリがあったり、戦略が狙い通りに進まないことも多いからです。

 

特に最近のように環境変化が激しく、嗜好が多様化すると、より一層将来の見通しが立てにくくなります。

 

それに、先に目標や計画を立てるのが苦手な人も多いのです;;。

 

「それはアタマが悪いんだ」とまた追い打ちをかけるコンサル もいますが、そんなことを言っても何の解決にもなりません。

449_NWRjOWY1NmM4NmNlY

 

この感想をくださった方も、コンサルタントに①のやり方をアドバイされて、悩んでいました。

 

そこで私は「②でやったらどうですか?」と提案したのです。

 

いい加減な感じがするかもしれませんが、少なくとも個人事業主レベルでやる分には却ってリスクが少ないのです。

 

やってみて、うまくいったものだけを残し、次につなげていくのです。

 

実際、私の周りでも、①のアプローチでやろうとして苦しんでいる人が本当に多いです。

 

今日も昨日もその前日も、そういう方からご相談を受けました。

 

もしあなたが①の方法でうまくいかないと思った時は、ぜひ②のアプローチでやってみてください。

 

とりあえず、売れそうなもの、お客さんが欲しいと言ったものを提供する、という姿勢です。

 

その次のバックエンドやミドル商品は、その後で生まれて来る場合もたくさんあるのです。

 

このプログラムも、その方法で作りました^^。

 

Post Footer automatically generated by Add Post Footer Plugin for wordpress.


 - 強みを知る