やりたかったことをサッサとやりなさい

グッチ元人事部長の起業コーチが教える、「売れる強み」でいつの間にか豊かになる法則

*

売れている人が「自分探し」をする時

      2019/07/11


 

こんにちは、小山です。

 

こちらの記事にも書いた内容は、特に起業初期の「あるある」です。

 

自分がどうしたいのか???

 

と自分の内面の探索、いわゆる「自分探し」にどっぷりハマって出てこれなくなる人がいるかと思うと、

 

お客さんはこういうの欲しがってるんでしょ?

 

と、最初からお客さんの欲しがることしかやらないモードで

 

でもなぜか売れない、という人もいます。

 

そんな場合は、自分の意識のベクトルの向きを逆にしてみましょう、というお話でした。

 

そしてこれは、起業初期だけの話ではありません。

 

サービスもある、お客さんもいる、売上もそれなりにある。でもなぜか行き詰まっている;;;

 

という場合にも有効です。

 

ただ、この場合は一捻り必要です。

 

例えば月商が30万円、50万円までは行ったけど、そこから伸びないというケース

 

このステージの人は、ビジネス的にやるべきことは、一通りできています。

 

さて次、となった時に、まずやるべきことは、更なるブラッシュアップです。

 

・コンセプトが甘くないか

・プログラムはニーズに合っているか

・価格設定は適正か

・成約率は上げられないか、、、

 

など、すでにやっていることを、もう一度お客さん目線で見直す必要があります。

 

それで、ですね、、、

 

 

実はこの時に、もう一度自分の方にベクトルを向ける必要が出てくるのです。

 

「自分探し、再び。」です(笑)

 

あれー、お客さん目線でシビアに見直せば、いいんじゃないの??

 

と思うかもしれませんが、意外とそうでもなくて、例えば、、、

 

コンセプトが甘くて、見直した方がいいんだけど、本人に愛着があって変えられない

 

プログラムの内容を見直した方がいいんだけど、実はそんなにやりたいことじゃなかった、ということがわかってしまった

 

心理的なハードルが高くて、これ以上価格を上げられない

 

などということが、意外と多いのですね。

 

ええ、意外です。

 

でも本当に、こういうところ、つまり

 

・自分は本当は何を望んでいるのか

・今までやってきたことは、本当にこれからも、やっていきたいことなのか

・これから、どんなお客さんと、どんな関係を築いていきたいのか

 

といったことを、しっかりと見直すことで、次のステージに行く土台ができていくのですね。

 

思い当たる節があれば、ぜひご自身の気持ちをもう一度、確かめてみてください。

LINE@もやってます!

友だち追加

Post Footer automatically generated by Add Post Footer Plugin for wordpress.


 - 強みを知る