やりたかったことをサッサとやりなさい

グッチ元人事部長の起業コーチが教える、「売れる強み」でいつの間にか豊かになる法則

*

【売れる強み】ちょっとした「お父さん気分」です 

      2017/06/25


 

こんにちは!小山です。

 

私は自分が起業して以来、いろいろな人のメルマガを読んでいます。

 

目標になるような業績を上げている人から、起業したばかりの人まで様々です。

 

それぞれの皆さんの変化もよくわかって、

 

「ああ、この人は最近こういうテーマに興味があるのか」

 

「この人がこういうことを書くってことは、世の中がこっちに行くのかな?」

 

「最近調子悪いのかな(汗)」

 

など、いろいろ想像しながら読んでいます。

 

中でも特に興味があるのは、私より後で起業した人の記事です。

 

「以前はメッセージがぼんやりしていたけど、だんだんしっかりしてきたな」

 

とか、

 

「この人、いま絶好調だなあ」

 

など、ちょっとした「身内(お父さん?)気分」です。

 

そこで感じるのは「起業は人を育てる」ということです。

 

 

最初は

 

「自由に時間を使いたい」

 

とか

 

「好きなことを仕事にしたい」

 

という動機だったかもしれませんが、やっているうちに

 

「それだけでは仕事として成り立たない」

 

ということがわかってきます。

 

・自分は一体、どんな価値を提供できるのか?

・どんな人が自分のお客さんで、その人は何を求めているのか?

・その人に、どんな言葉を届ければ相手の心が動くのか?

 

そういった「問い」と、真剣に向き合わざるを得ないからです。

 

これは、会社員として上司に指示された仕事をやっているだけでは、なかなかできないことです。

 

どんなに前向きな人でも、会社の大きな方針には逆らえないし、お客さんも選べません。

 

同時に上司の期待にも応えなければいけない、という環境の中ではどうしても考えが内向きになります。

 

私も経験があります(笑)

 

しかし、起業するとすべてはフリーハンドです。

 

自由に考え、行動し、結果も全て自分が負うのです。

 

この環境が楽しめる人は成長するし、この環境にいるからこそ、成長できるとも言えます。

 

当然売り上げを上げないといけないし、生活がかかっていますから、ビジネスとして取り組むのは言うまでもありません。

 

同時に「自分の才能を活かしきって、その充実感を味わう」という「自己成長」としての側面も大きいと思います。

 

人間として成長しながら、ビジネスも学べる、そしてお金も儲かる、というポジティブな面が起業にはある、と思っています。

 

「だから、みんな起業しましょう!」という気もありませんが、もし迷っているのなら、ぜひ挑戦して欲しいです。

 

大変なことも多いけれど、それだけ得られるものもたくさんありますので。

 

さっきある人の素敵なメルマガを読んだので、今日はちょっといつもと違う話になりました^^。

 

それでは、良い週末をお過ごしください。

 

そして、こちらもお忘れなく(笑)

 

Post Footer automatically generated by Add Post Footer Plugin for wordpress.


 - 強みを知る