やりたかったことをサッサとやりなさい

グッチ元人事部長の起業コーチが教える、「売れる強み」でいつの間にか豊かになる法則

*

【売れる強み】売れるメルマガの2つのスタイル 

      2016/12/28


 

こんにちは!小山です。

 

おそらくあなたは私以外にも色々な方のメルマガをお読みだと思います。

 

私も結構な数のメルマガを読ませていただいていますが、大きく分けると2つのスタイルがあるなあ、と思っています。

 

一つは、プレゼン型。

 

基本的に一方通行で、しかも非常に強いコミュニケーションです。

 

・私の主張はこうです!
・あなたはこうすべきです!
・そんな甘いこと言ってるからダメなんです!
・私の言う通りやれば結果が出ます!

 

という感じです^^。

 

政治家の演説にも似てますので「演説型」と言っても良いですね。

 

要するに、一方的に読者を説得しようとするスタイルです。

 

これの良いところは主張が明確だし、繰り返しこういうメールを送ることで読者を「信者化」してしまいます。

 

ちょっとしたマインドコントロールと言ってもいいかもしれません。

 

カリスマ的な売れ方をする人はこのスタイルが多いですね。

 

そしてもう一つは「対話型」です。

 

書き手と読者が横並びで、話し合っているようなスタイルです。

 

あ、別にドラマのシナリオみたいになってるということではないですよ。

 

あくまでも普通のメルマガの体裁です。

 

メルマガの特性上一方通行にはなるのですが、書き手は常に読み手の反応を想像しながら、キャッチボールをするような意識で書いています。

 

・なんとなく開封して最後まで読んでしまう
・文章がスッと頭に入ってくるから疲れない
引き込まれているうちに気がついたら申し込んでいた(笑)

 

という感じです。

 

 

私はどちらかというとこの「対話型」を意識しています。

 

この二つはどちらがいい、悪いということはありませんが、書き手である自分の性格と、読者の好みの組み合わせで効果が決まります。

 

自分はどちらのスタイルで書くのかが明確になっていると迷わないし、集まるお客さんの質もある程度決まってきます。

 

どちらにしてもメルマガはずっと書き続けるものなので、無理せず続けられるものがいいですね。

 

あなたはどちらを選びますか?

 

Post Footer automatically generated by Add Post Footer Plugin for wordpress.


 - 強みを知る