やりたかったことをサッサとやりなさい

グッチ元人事部長の起業コーチが教える、「売れる強み」でいつの間にか豊かになる法則

*

「流行っていること」にこだわると見失うもの 

      2016/12/25


 

こんにちは!小山です。

 

昨日のメルマガで、「やりたいことにこだわると見失うもの」についてお話しました。

 

では「世間で流行っているもの、売れそうなもの」をやるのはどうでしょうか?

 

これもまた同じように、自分の中のリソースを見落とすリスクがあるのです。

 

先日スイートスポットコンサルを受けてくださった方からこんなご感想をいただきました。

 

 

小山さん、おはようございます。

 

先日はスイートスポット・コンサルありがとうございました。

 

私は、自分の事を人に相談するのが苦手だったのですが、小山さんのマジックで今までこんなに話したことは無かったと思うくらい昨日はお話させてもらいました。

 

与えられた目標をこなすサラリーマンではなく、起業を目標に小山さんのコンサルを受けてみようと思ったのですが、

 

「今までなぜ起業しようと思わなかったんですか?」

 

の問いかけに、まず躓いてしまいました。

 

そうなんです。

 

これまで自分と向き合っていなかった。将来どうなりたいか?時間を作って考えてこなかったのです。(今更ですが。。。)

 

「起業しようとする人の多くが、今までの経験とは異質の事をやろうとする」

 

まさに私もその口で、●●をやってみよう!などと考えていた訳ですが、

 

「それをやって楽しく感じられますか?」

 

の問いかけに、またしても固まってしまいました。

 

そうなんです。

 

経験や強みが活かせない異質な領域では、リスクも高く、楽しみを見出せない可能性が高いのです。

 

小山さんから指摘してもらった、自分の強みが人との関係構築であること、その強みの延長線で◯◯、コーチング→■■の線で進めていきたいと思います。

 

まずはご紹介いただきましたコーチングスクールを覗いてみます。

 

なぜか突破口が開ける予感があります。

 

進捗はまたメールします。

 

今回、小山さんに思い切ってご相談して良かったです。

 

ありがとうございました。
(J.Y,さん)

 

 

Yさんは40代後半、ベテランのビジネスマンで、幾つかの外資系企業で実績を積み、数十人のチームをマネジメントされた経験もあります。

 

それを生かして法人向けのビジネスを仕掛けていけば、独立して十分やって行ける可能性があります。

 

しかしなぜかその経験を全く活かせない方向で起業を検討されていました。

 

そして「経験そのもの」もさることながら、「もともと持っている資質」が活かせないだろう、というのが私の懸念点でした。

 

対人関係に優れたYさんですが、その資質がほとんど活かせない仕事を選ぼうとされていたのです。

6C307C7A-0056-4A60-9E6D-1E062B5C8E5F

 

これはよくあるケースです。

 

・自分の内面を見つめて、「自分のやりたいこと」を見つけて起業
・世の中の流れを見て、「ビジネスチャンス」を見つけて起業

 

どちらも必要なことですが、そもそも自分の持っている資質や経験が活かせなければ宝の持ち腐れですし、苦しい戦いを強いられます。

 

そしておそらく、ご自身も楽しめません。

 

コーチングではよく「未来と過去は関係ない」と言います。
(あ、私も一応コーチです、、、笑)

 

自分がこれからどこへ向かっていきたいかが大事なんだから、今までどうだったかは関係ない、という考え方です。

 

これはある意味真実ですし、希望を感じさせることでもあります。

 

しかし実際、今後行きたい方向に一番スムーズに自分を導いてくれるのは本来持っている資質や、経験から身につけた能力なのです。

 

・自分の中のリソースをしっかりと確かめる

 

そして、

 

・将来の自分の夢を実現するために、そのリソースを活用する

 

この2つの視点を持って進んでいきたいですね。

 

Post Footer automatically generated by Add Post Footer Plugin for wordpress.


 - お客様の声, 強みを知る