やりたかったことをサッサとやりなさい

グッチ元人事部長の起業コーチが教える、「売れる強み」でいつの間にか豊かになる法則

*

自分の「強み」を生かす一番カンタンで確実な方法

      2016/12/25


 

こんにちは!小山です。

 

よくお話しするのですが、私たちの「強み」は実際は周りの人たちがいろいろ教えてくれています。

 

これに耳を傾けるのが、一番カンタンで確実なのです。

 

●●さんて、〇〇が上手だよね

●●さんて、なんでも話せるね

●●さんて、いつもおしゃれだね

●●さんて、もの知りですね

●●さんて、顔が広いね

 

などです。

4223373030_df7722f9f7

 

しかし多くの場合、私たちはそれを受け取りません。

 

「いやいや、そんなの誰でもできるでしょ」とか「私より◆◆さんの方がずっと上ですよ」とか言ってしまうのです。

 

中には、完全スルーしてしまうケースもあります。

 

私は会社員を辞めてから、このメカニズムに気づきました。

 

会社員は「強み」なんて考えなくても、とりあえず与えられた仕事をこなしていれば、なんとかなるからです(笑)。

 

しかし、独立して自分を売り始めるとそうはいきません。これはかなり切実な問題です。

 

以来、他の人からのインプット、特にポジティブなものに対しては敏感になっています。
(ネガティブなものには鈍感です、、、爆)

 

ですから最近は、何度も褒められることは素直に「ありがとう」と言います^^

 

意外な点を褒められた時は「あー、そーなんだー」と思うようにしています。

 

そしてここからが大事なんですが、褒められたらその後は意識的にそれをやるようにするのです。

 

例えば私の場合は、「声がいいですね」とよく言われます。

 

「音声とかやったらいいんじゃないですか?」と言われたので、「あー、そーなんだー」と素直に【音声記事】を始めました。

 

「おしゃれですね」と言われることが多くなったので、できるだけ服を買って(笑)、セッションの時に着たり、Facebookにアップしたりしています。

 

私が目立ちたがりなんじゃなくて^^、いいと言われたからやってみたらやっぱり評判が良かった、というだけの話なのです(笑)。

 

「自分はこう見られたい」「こう自分を演出したい」という意図はあってもいいのですが、あまりそこにこだわるとズレることも多いです。

 

下手をすると、ただの「イタい人」になっちゃいます;;;。

 

むしろ周囲の人から「すでにそう見られている自分」に乗っかった方がはるかにスムーズだということを日々実感しています。

 

あなたはどんな点をみんなから褒められますか?

 

Post Footer automatically generated by Add Post Footer Plugin for wordpress.


 - 強みを知る, 駆け出しコーチ、カウンセラー