やりたかったことをサッサとやりなさい

グッチ元人事部長の起業コーチが教える、「売れる強み」でいつの間にか豊かになる法則

*

「やりたいこと」と「売れる強み」がグチャグチャになってると前に進めなくなる

      2016/12/25


 

こんにちは!小山です。

 

当たり前のことなんですが、「売れる強み」と「やりたいこと」は全く関係ありません。

 

自分が「どうしても○○をやりたい!!!!」と思っていても、お客さんがそれを欲しがるとは限りません。

 

「熱意を持って取り組めば、それが相手に伝わる」という考え方もあるようですが、これはアテにしない方がいいです。

 

人間はもっと実利的です。

 

「自分にメリットがある」「自分自身が楽しめる」と思わなければお金は払いません。

 

450iStock_000008911108Small

 

また、皮肉なことに、同じことをやってもAさんは売れるけど、Bさんはサッパリ、、、ということも多いです。

 

これも「Aさんには頼みたいけど、Bさんはイヤ」というシビアを判断をお客さんはしている、ということです。

 

「やりたいこと」が同じでも、「売れる強み」が違えば、当然結果にも違いが出るのです。

 

つまり、「売れる強み」と「やりたいこと」は全く関係ないのですが、ここが区別できていないケースが多いです。

 

自分の「やりたいこと」にこだわるあまり、結果的にいつまでも同じところに留まる人も多いです。

 

オススメするのは、「やりたいこと探し」と「売れる強み探し」を分けることです。

 

「やりたい」という気持ちは気持ちで大事にする。でも、「売れる強み」はもっとドライな目で探す。

 

ここが区別できるようになると、次の手が打てるようになります。

 

・「やりたいこと」と「売れる強み」を組み合わせられないか

 

という発想も出てきます。あるいは、

 

・「やりたいことは趣味でやればいいじゃないか」

 

という気持ちの余裕が出てくる場合もあります。

 

「やりたい」という自分の気持ちにとらわれすぎないことが、逆に自分を生かすことにつながるのです。

 

Post Footer automatically generated by Add Post Footer Plugin for wordpress.


 - 強みを知る