やりたかったことをサッサとやりなさい

グッチ元人事部長の起業コーチが教える、「売れる強み」でいつの間にか豊かになる法則

*

コーチのセールス=壺売り?

   


 

こんにちは、小山です。

 

先日新人コーチの方とやりとりしてまして、

 

「コーチの商品って、なんのことかわからない」

 

と言われたんですね。

 

こっちもびっくりして(笑)、よく話を聞いてみると、要するに

 

「1回60分のセッションを6回やる3ヶ月の継続コーチング」

 

を売ろうとしていたのですね。

 

「これじゃダメなんですか???」

 

と聞かれたので、

 

「いや、ダメじゃないんだけど、売るの難しいですよ」

 

と答えました。

 

あなたはどう思いますか?

 

 

もうすでに起業して何年か経験を積まれていれば、

 

「これじゃあしんどいなあ」

 

と思われるかもしれません。

 

そしてまだこれから起業される方は、一体何が問題なのか??と思われるかもしれません。

 

気を悪くされると申し訳ないのですが、実はこれ、売れないコーチの典型的なパターンなのです。

 

1回のセッションが1万円

 

それを2週間に一回、3ヶ月で計6回やるから6万円

 

まあ、金額のことは置いておいて、「商品」というと、要するにこのようなものしか思い浮かばないわけです。

 

そうすると相手の人は当然、「で、3ヶ月で何をするんですか?」と質問します。

 

コーチの答えは

 

「それはその時々に、一番大事な課題について話し合います」

 

というものでした。

 

あなたがお客さんだったらどう思います??

 

 
きっと?????ですよね?

 

いや、実際のところ、確かにその通りなんです。

 

その都度一番大事なことについて話し合うのですが、言われた方は何のことかわかりません。

 

私はこれを闇鍋セールス、と呼んでいました
(もちろんイヤミです^^)

 

鍋が出てきて、何が入ってるのかわからないけど値札が付いていて、「先にお金を払え」と、言われるような感じです。

 

もっと口の悪い知人は、「霊感商法みたいだ」と言ってました(汗)。

 

「このツボを買うと、幸せになれますよ」と言ってるようなもんだ、と。

 

コーチのセールス=壺売り

 

になってしまっているわけですね、、、汗

 

ここまで言うとイメージを掴んでもらえると思うんですが、お客さんの立場からすると

 

「回数と期間を言われただけでは、怖くて申し込めない」

 

ということです。

 

そうではなくて、いわゆる、「ビフォーアフター」つまり

 

「どんな状態の人が、3ヶ月後にはどうなっているのか」

 

をしっかり伝える必要があります。

 

さらに、ではそのために3ヶ月間にどんなことをするのか、つまり、「ステップ」も一緒に伝えないといけないのですね。

 

そこまで言って初めて相手から信用されます。

 

しかし多くのコーチやカウンセラーは、こういう説明をしません。

 

結果としていつまでたっても、お客さんができないのです。。。

 

もし思い当たる点があれば、ぜひご自身のサービスの「ビフォー・アフター・ステップ」を明確にしてみてください。

 

LINE@もやってます!

友だち追加

Post Footer automatically generated by Add Post Footer Plugin for wordpress.


 - 強みを知る