やりたかったことをサッサとやりなさい

グッチ元人事部長の起業コーチが教える、「売れる強み」でいつの間にか豊かになる法則

*

【売れる強み】アップルが会社清算!?

   


 

こんにちは!小山です。

 

現在行っているセミナー&説明会で、私の30代の頃の話をしています。

 

2000年前後の数年間、デルというPCの会社で働いていたことがあるのですが、当時の業績は絶好調。

 

そこで私は採用の責任者をしていました。そして、、、

 

と話は続くのですが、それは説明会で聞いていただくとして(笑)、ここで書くのは全く別の話です^^

 

実はその頃アップルの業績はボロボロで、スティーブジョブズはすでにCEOに復帰していましたが、いつ倒産してもおかしくない、という状況だったのです。

 

創業者のマイケルデルが「自分がジョブズだったら会社を清算して株主にお金を返す」と発言して物議を醸したこともありました。

 

今では考えられないことです;;;。

 

一方のデルはその後様々な紆余曲折を経て上場を取りやめ、非公開企業になりました。事業の内容も当時とはかなり変わって来ています。

 

現在では、少なくともコンシューマー市場での存在感は比べ物にならないぐらいこの2社は差がついてしまいました。

 

何が言いたいかというと、、、

 

 

物事の進展は時間が経って見ないとわからない、ということです。

 

私の好きな言葉に「人間万事塞翁が馬」というのがあるのですが(あ、意味がわからない場合は自分で調べてください^^)

 

物事は固定した状態で見てはいけないのですね。

 

歳をとるメリットはこのように「いろいろな人物や会社の栄枯盛衰を見ることができる」ということです。

 

一時期は絶好調だった会社や起業家が、気がついて見ると大幅な赤字に苦しんでいるのはよくあります;;;。

 

もちろんその反対もあります。

 

だから、、、

 

もし仮に今うまくいっていないことがあっても、悲観する必要はないのですね。

 

明日のことはわからないのです。

 

むしろ「今は、これから飛躍するためのプロセスだ」と思っていると、その時間そのものを楽しめますね。

 

また、現在うまくいっているライバルを見て羨んだり、嫉妬することが無意味だということにも気づくはずです。

 

ぜひ長い目でご自分や周囲のことを見るようにしてください。

 

きっとうまくいきますので。

 

Post Footer automatically generated by Add Post Footer Plugin for wordpress.


 - 強みを知る