やりたかったことをサッサとやりなさい (株式会社スマートチェンジ)

グッチ元人事部長の起業コーチが教える、「売れる強み」でいつの間にか豊かになる法則

*

【売れる強み】読者の悩みを知る方法

   


 

こんにちは!小山です。

 

先日こんな記事を書きました。

 

「読まれるブログ・メルマガの特徴」

 

こちらからもお読みいただけます。

 

答えは、、、

 

「読者の読みたいことを書いている」です。

 

特に、一番読まれるテッパンは「読者の悩みに答える記事」

 

ところが、、、

 

「読者の悩みがわかりません(涙)」という方が結構いるのです。

 

ですから、記事の内容云々という前に、

 

「一体、どんな人に読んでもらいたいのか、つまりお客さんにしたいのはどんな人なのか」

 

という点をもう一度しっかり考える必要があるのですね。

 

で、それからどうすればいいのか、というのが今日の話です。

 

 

読者がどんな人かが明確になったら、次はその人がどんなことで悩んでいるかを考えます。

 

「考える」といっても、一番いいのは直接聞くことです。

 

「セッションでクライアントさんから出てきた悩みや、質問されること」

 

何と言ってもこれが一番間違いありません。実際に目の前にいる人が悩んでいるわけですから、同じことで悩んでいる人は数え切れないぐらいいます。

 

それを記事で取り上げればいいですね。

 

そういう話をすると「お客さんの話を書くなんてできません」と言う方がおられますが、もちろん守秘義務は守らないといけません。

 

しかし誰かわからないようにして、一般化して書くことはできるはずです。

 

それでも心配なら

 

「この間の話を記事に書きたいんですが、問題ありますか?もちろん誰かわからないようにして書きますので」

 

と事前に許可を取ればいいですね。

 

先ほども書いた通り、一人の人が悩んでいることは他にも悩んでいる人がいますので、きっと読者の役に立つはずなのです。

 

「でも、まだクライアントがいないんです」とか「そんなにたくさんお客さんが来ません」と言う場合は、アンケートを取ればいいですね。

 

メルマガやブログで聞いてみるのです。

 

さらに、、、こんなパターンもあります。

 

コーチやカウンセラーでよくあるのが、何年か前に自分が悩んでいたことをテーマにしている場合です。

 

・危機的な状況から夫婦関係を立ち直らせた経験をもとに、パートナーシップカウンセリングをしている

・体重を短期間で10キロ減らした経験をもとに、ダイエットカウンセリングをしている

 

などです。

 

こんな場合は、あなた自身のことをじっくりと思い出せばいいですね。

 

つまり、何年か前のあなたが読者です。

 

そして、その時の自分に向かって記事を書けばいいのです。

 

どうですか?

 

なんとなくできそうな気がして来ましたか?

 

この話、実はまだ色々書きたいことがあるので、機会があれば続きを書こうと思います。

 

Post Footer automatically generated by Add Post Footer Plugin for wordpress.


 - 強みを知る