やりたかったことをサッサとやりなさい (株式会社スマートチェンジ)

グッチ元人事部長の起業コーチが教える、「売れる強み」でいつの間にか豊かになる法則

*

【売れる強み】あなたのブログタイルはいかがでしょうか?

      2016/12/25


 

こんにちは!小山です。

 

あなたはブログをやられていますか?

 

それはどんなタイトルでしょうか?

 

95D51D8C-094E-47CF-B4B4-46FFC03F8EAB

 

よく言われるのは「強い悩みを表す言葉」「検索数の多い言葉」を使用するといい、ということです。

 

これには理由があります。

 

そもそも「強い悩み」、つまり「お金を払ってでも今すぐ解消したい悩み」を扱わないとなかなかビジネスになりません。

 

「なんとなく悩んでいる」という状態の人はなかなか数万円から数十万円のお金を払ってセッションを受けようとは思わないからです。

 

また、基本的に検索数の多いキーワードの方が市場が大きいと考えられます。

 

このノウハウが広まった結果、「復縁」「DV」「借金」など「どぎつい」言葉を使うブログが増えました;;;。

 

当たり前のことですが、「強い悩みを表す言葉」「検索数の多い言葉」というのはもともとそんなに多くありません。

 

なので、同じようなキーワードに多くの人が殺到して、結局どれも似たような感じになってしまいました。。。

 

さらにこのノウハウにはあと2つ、問題点があります。

 

①どきつい表現、刺激的なタイトルは、飽きられるのも早い

 

最初は新鮮だし、エッジが立っているので多くの人に注目されますが、そのインパクトが薄れると逆に敬遠されるようになります。

 

同じキーワードを使う競合も増えるので、結局、埋もれていくことになります。

 

②キーワードと、本人の雰囲気のミスマッチ

 

もともとカウンセラーやコーチを目指す人は受容的で穏やかな人が多いです。

 

こういう人がノウハウだけを学んでどぎつい言葉を選ぶと、ものすごい違和感が出てしまいます。

 

直接会ったことがなくても、プロフィール写真や記事の内容から読者はいろいろな情報を無意識に受け取っています。

 

「この人、なんか違う、、、」と思った読者はすぐに離れてしまうのですね。

 

こういうことを考えると、「強み悩み」や「検索キーワード」にこだわりすぎるのは危険だと言えます。

 

あくまでもご本人の空気感やポリシーに会った表現を選ぶべきなんですね。

 

あなたのブログタイルはいかがでしょうか?

 

Post Footer automatically generated by Add Post Footer Plugin for wordpress.


 - 強みを知る