やりたかったことをサッサとやりなさい

グッチ元人事部長の起業コーチが教える、「売れる強み」でいつの間にか豊かになる法則

*

いつの間にか「人が集まってしまう」秘訣 

      2016/12/25


 

こんにちは!小山です。

 

今日はセッションが3件でした。

 

それとは別に、午前中は月に1度の税理士さんとのミーティングをやりました。

 

で、その後近くの駅ビルでお昼を食べたのです。

 

普段はラーメンを食べることが多かったのですが、今日は気分を変えて、同じフロアにあるイタリアンに入りました。

 

すると驚いたことに、、、

 

お客さんの層が全く違うのです。

 

ラーメン屋さんは基本的に年配のサラリーマン風男性客が一人で食べています。

 

一方イタリアンは、子連れのお母さんのグループやカップル、会社員でも比較的若いグループでした。

 

しかもラーメン屋はまだガラガラの時間帯なのに、こちらの店内は既に、かなりの賑わいです。

 

同じビルの中の飲食でこれだけ雰囲気が違うというのは、かなり新鮮でした。

 

もちろん店によって客さんの混み具合が違うのはよくあることです

 

住宅街とオフィスが混じり合う立地の特性もあるでしょう。

 

しかし、、、ここまで客層が違うのは珍しいと思います。

 

あ、別にどちらがいい、悪いという話ではないですよ。

 

私が改めて感じたのは、「結局、似た人が集まる」ということです。

 

superthumb (3)

 

起業して、自分でビジネスを始めても、同じことです。

 

実際に集まるのは、あなたが普段付き合っている属性の人のはずです。

 

どんな人をお客さんにしたいですか?

 

と質問すると「どんな人でもいいです」、「どうしても絞りきれません」という答えが返ってくることがあります。

 

こういう場合は無理に絞らないように勧めていますが、そうすると結局やって来るのはやっぱりその人が普段付き合っている属性の人です。

 

・ママにはママ友が
・サラリーマンにはサラリーマンが
・個人事業主には同じぐらいのキャリアの個人事業主が、、、

 

という感じです。

 

それで問題なければそれでいいです。

 

もし違う属性の人をお客さんにしたいのであれば、まず自分自身がそのような人にならないといけません。

 

・経営者にコーチングをしたい
・富裕層にコンサルティングをしたい
・夢を実現したい人をサポートしたい

 

そう思うのであれば、まず自分がそれに見合った人物になることです。

 

別に、経営者にならなくてもいいし、お金持ちになる必要はありませんが、そういう人たちと自然体で一緒にいられるようになるのが必須です。

 

・ガッツのある人をお客さんにしたい
・思いやりのある人をお客さんにしたい
・人生を楽しむ人をお客さんにしたい

 

すべて同じことです。

 

もしも「苦しんでいる人を救いたい」のであれば、自分は苦しんでいなくても、日常的にそういう人と一緒にいられる人でないといけません。

 

「仕事は仕事、プライベートは別」とはならないのが面白いところです。

 

自分のあり方がそのままビジネスに反映されるのですね。

 

逆に言うと、今自分の周りにいる人を見れば、自分自身のあり方も正確に把握することができるということです。

 

あなたのお客さんはどんな人ですか?

 

Post Footer automatically generated by Add Post Footer Plugin for wordpress.


 - つれづれ, 強みを知る