やりたかったことをサッサとやりなさい

グッチ元人事部長の起業コーチが教える、「売れる強み」でいつの間にか豊かになる法則

*

「すべては仮説」と思っていれば、傷つかずに前進できる

      2016/12/25


 

こんにちは!小山です。

 

世の中にはいろいろなノウハウやスキル、知識が溢れています。

 

 

私もブログやメルマガ、セミナーでそれ系のお話をしています。

 

クライアントさんによくお話するのは、こう言ったものは「全て仮説と考えてください」ということです。

 

・この商品、サービスが売れる(なぜなら私が売れたから)

・このノウハウは使える(だって、有名な○○先生が言ってたから)

・私の【売れる強み】はこれ!!!(だって、それが私のやりたいことだから)

 

などなど、全部「仮説」です。

 

たまたまそのとき、その人が上手く行っただけかもしれないし、単なる思い込みかもしれません。

 

そう思っていると、何かを否定したり、反対に鵜呑みにすることも無くなります。
(ま、なくなるというのは言い過ぎで、私もやっちゃうことが結構ありますが;;)

 

「自分はうまくいかないと思うけど、ひょっとしたらいけるのかもしれない」と思っていると、何事にも素直になれるし、自分の中の選択肢が増えます。

 

そしてもっといいことに、「ある人のノウハウで結果が出なかった自分はダメなんだ」と落ち込むことがなくなるのです。

 

「あくまでも仮説、それを自分で検証しただけ」と思えば、次に進む勇気が出てきます。

 

3846419018_a6943ff0ed_o

(photo by zachd1_618)

コーチやカウンセラー、コンサルで起業して、「これが私のやりたいこと!」「こうすれば絶対売れるはず!」と考えるのも仮説です。

 

なので、まずはその仮説に対して自信を持って結構です。

 

しかし忘れてはいけないのは、必ずその仮説を「検証」するということです。

 

「これでいけるはず!!」という思い込みにこだわり続けると、結果が出ないまま時間だけが過ぎます。

 

しかし、「結果が出ないということは、仮説が間違っているのかもしれない」と考えると、次の手が打てます。色々修正しながら、また「検証」できるからです。

 

結局、全ては「仮説」と「検証」です。

 

誰か他の人がもっともらしく喋ってることも、自分で絶対こうだ!と思い込んでいることも、すべて「仮説」に過ぎません。

 

そして自分でそれを検証してみたとき、「使えるものは残す」「使いやすいように手を加える」「駄目なものは捨てる」という判断ができるようになります。

 

結果的にはこれが一番近道だと思っています。

 

 

Post Footer automatically generated by Add Post Footer Plugin for wordpress.


 - 駆け出しコーチ、カウンセラー