やりたかったことをサッサとやりなさい

グッチ元人事部長の起業コーチが教える、「売れる強み」でいつの間にか豊かになる法則

*

コーチやカウンセラーはまず自分自身の可能性を信じ、表現しなきゃダメだよ

      2016/12/25


こんにちは!小山です。

 

コーチやカウンセラーにとって、ライバルとの差別化はなかなかアタマのイタい問題です。

 

特にまだ実績や知名度のない段階では、見込み客から信頼してもらえません。

 

そこでアレコレ考えて、USPを作ったりするのですね。

 

USPとは「ユニークセリングプロポジション」の略で「独自のウリ」と呼ばれたりします。

 

「あなたのUSPを作ります」

 

というのウリにしているコンサルタントも多いです^^

 

 

私もクライアントさんとそういうのを作ったりしますが、今日はその話ではありません。。。

 

 

駆け出しの時にぜひ考えて欲しいのは、

 

「あなたにお願いすると何がどうなるのか」ということです。

 

いわゆる「ビフォーアフター」の「アフター」ですね。

 

 

これを常に考える、ということです。

 

アフターが魅力的だったら、お客さんは来ます。

 

 

反対にこれが曖昧だったり、魅力がなかったりすると、どんなにスキルが高くてもなかなかお客さんは来てくれません。

 

 

「口コミで来て欲しいんです」

 

 

という方も多いですが、実は「口コミされやすいポイント」は結局「アフター」なのです(笑)

 

「〇〇さん(あなたのこと)にお願いするとこうなるよ!!」

 

というのが口コミになりやすいんですね。

 

なので、ぜひあなたの実現できるお客さんのアフターを描いてみてください。

 

 

ポイントは「できるだけ膨らますこと」です^^

 

・期間はできるだけ短く

(半年より3ヶ月、1ヶ月より3日です!)

 

・数字で表現するのであればできるだけ大きく!

(売上5割アップより売上2倍、5キロ痩せるよりも10キロ痩せる!)

 

です。

 

数字で表現できない場合は、抽象的でいいのでできるだけ素晴らしい未来を描きましょう。

 

 

理想的な仕事が見つかり、毎日が楽しくて仕方がない。夢の実現に向かって共に歩むパートナーがいつの間にか現れ、人生の素晴しさを実感できます。

 

 

という感じです。

 

 

しかし多くの人は、ここで行き詰まります。

 

 

「自分にはそんなことはできない、実現させられない、ムリ!」

 

と思ってしまうのですね。

 

 

ここのポイントは、実現できるかどうかではありません。

 

 

とにかくあなたの殻をぶち破ることが目的なのです。

 

 

我々はつい自分の力を過小評価しがちです。

 

そして、自分を自分で小さくしてしまうのです。

 

しかし、実はそこに大きな誤解があります。

 

 

お客さんの可能性を引き出すことを仕事にするのであれば、まずあなた自身が自分の可能性に気づかなければなりません。

 

 

まずは一人でこっそりでいいので(笑)あなたの実現できるアフターを思い切り大きく描いてみてください!

 

 

あ、大きく膨らます方法や、その後どうするかなど、知りたい方はこちら

 

Post Footer automatically generated by Add Post Footer Plugin for wordpress.


 - 駆け出しコーチ、カウンセラー