やりたかったことをサッサとやりなさい

グッチ元人事部長の起業コーチが教える、「売れる強み」でいつの間にか豊かになる法則

*

売れにくくなった原因と今後の対処法

   




こんばんは!小山です。

 

最近ますます強く感じることがあります。

 

それは、

個人事業主を取りまく環境が以前に増して厳しくなっている

ということです。

 

あなたはいかがですか??

 

もし、相変わらず絶好調、ならこの先は読まなくても良いかもしれません。

 

あーー、思い当たる;;;、という方は続けてお読みください。

 

実際のところ、これは職種も業種も関係ありません。

 

単純に、「競合が増えている」ということもあるし、「お客さんの見る目が厳しくなった」、「財布の紐がキツくなった」などの理由があると思います。

 

だからみんな「なんとかして売上をアップしよう」「見込み客を増やそう」とあれこれと考えているわけです。

 

では具体的にどうしているかというと、、、

 

相変わらず
 

「高額商品を作ればいい」

「ブログの書き方をマスターすればいい」

「インスタやるといい」

「LINEが来てる」

「これからはZoomだ」などなど、、、

 
かなり対症療法的なものが多いです。

 

やっぱりみんな「シンプルでカンタンな答え」に飛びつきますからね(汗)

 

 

しかし、、、

 

それぞれは大事なパーツではあるけれど、決め手にはならないものばかりです。

 

結論から言うと、もう「点」では勝負できない時代になった、ということです。

 

むしろ「全体がどうなのか」ということが問われるわけですね。

 

いろいろな集客ノウハウを学んで、一つ一つは頑張ってるけど、全体として整合性が取れていない、というケースがものすごく多いわけです。

 

例えば、
 

・コンサルに作ってもらったコンセプトと高額商品の内容がズレている、とか

・フェイスブックとインスタとLINEをやっているけど相互に関連性がない、とか

・高額商品を用意してブログを一生懸命書いているけど、その記事をいくら読んでも申し込みたい気持ちにならない、などです。

 
どうですか?

 

思い当たることはありませんか??
 


 

ここまで読んで
 

「ああ、要するに集客導線が大事ってことね?」

 
と思われたかもしれません。

 

もちろんそれもありますが、それ以上に根本的なことを、私たちはこれからもっと真剣に考えていかないといけないんじゃないかと思っています。

 

それは何かと言うと、、、

 

お客さん(見込み客)との関係性をデザインしていく

 

ということです。

 

ここがうまくできていないと、どんなに頑張っても選んでもらえないんだなあ、というのが最近の私の実感です。

 

逆にこれができていると「競合との差別化」はそれほど重要ではなくなってくるとも言えます。

 

そもそも、この情報過多の時代に全ての競合をリサーチして最も良い選択肢を選ぶということ自体がストレスです。

 

それよりは、自分の信頼できる人、馴染みのある人に頼みたい、と思う方が自然です。

 

あるいは、自分の友人や家族が勧める人に頼む、というケースもますます増えるでしょう。

 

では、こんな時代に「自分が商品」の仕事をしている人は、どんな風にお客さんや見込み客との関係性をデザインしていけば良いのでしょうか?

 

ちょっと長くなったので、この続きは改めて書きたいと思います。

 

動画でも話しているので、よかったらご覧ください。
 


 

ではまた!
 
 

LINE@もやってます!

友だち追加

Post Footer automatically generated by Add Post Footer Plugin for wordpress.


 - 集客