やりたかったことをサッサとやりなさい

グッチ元人事部長の起業コーチが教える、「売れる強み」でいつの間にか豊かになる法則

*

「伸び悩み」から飛躍する転換点とは

   


 

こんにちは、小山です。

 

今までたくさんのコーチやカウンセラーなどの個人事業主の方を見てきましたが、

 

みなさんが大きく飛躍する転換点があります。

 

なかなかブログが書けないし、書いても反応がない;;;。

 

それがあることをきっかけにしてどんどん書けるようになり、お問い合わせも入るようになる。

 

また、ある程度は売れるんだけど、そこそこで伸び悩む。

 

そうこうするうち、本人のモチベーションも下がり、、、

 

ああ、もうこれ以上は、ムリなのかなあ、、、。

 

それが、

 

あることをきっかけにして、グングンと売り上げを伸ばし始めるのです。

 

なんだと思います??

 

と、もったいをつけても仕方がないので(笑)

 

結論を言いますと、、、

 

 

「ベクトルを今の反対に向ける」

 

ということです。

 

????ですかね(笑)

 

おそらくあなたも、思い当たる節があると思いますが、

 

売れない時って、だいたいベクトルの方向が偏っています。

 

ある人は

 

私がどうしたいのか

 

私が何を伝えたいのか

 

私がどんなお客さんを求めているのか

 

という

 

「自分にベクトルが向いた状態」

 

になりがちなんです。

 

そして、 「自分探しの迷路」に入って行きます。

 

すると、

 

あああ、どうしてお客さん来ないんだろ

 

あああ、何書いていいか、よくわからない

 

あああ、どうして私は、この仕事やってるんだろ

 

という、「何もわからないモード」に入っていくのです^^。

 

そうかと思うと、その反対に

 

「お客さんのこと」

 

ばかり考えてしまう人もいます。

 

私のお客さんはこんな人

 

だから、

 

・こんなサービスを作って

・ブログにはこんな記事を書いて

・SNSにはこんな投稿をして、、、

 

という動きになります。

 

これで売れていれば良いのですが、なかなか結果が出ないことも多いのです。

 

そしてやっぱり、さっきの人と同じように

 

あああ、どうして、お客さん来ないんだろ

 

あああ、何書いていいかよくわからない

 

あああ、どうして私はこの仕事やってるんだろ

 

という迷走状態に入っていくのです;;;。

 

処方箋は先ほど書いたように、

 

「今の逆をやってみる」

 

ということです。

 

常に「自分、自分」にフォーカスが当たっている人は、お客さんの立場で考えてみる。

 

・お客さんは誰で、毎日どんな生活をして、何に悩んでいるのか

・その人は本当に、このサービスを求めているのか

・どんな言葉なら、そのお客さんの心に届くのだろうか

 

これが自然に考えられるようになると、

 

ブログ記事もだんだんツボにはまってきます。

 

一方で、

 

 

お客さんのことばかり考えている人は、自分のことを置き去りにしがちです。

 

自分の本当の気持ちや言葉と違うことを発信したり、商品化しようとするので、どうしても深みが出ないのです。

 

・お客さんはこういうの求めてるんでしょ?

・こういう言い方しないと、お客さんは来ないんでしょ?

 

という前提が、入ってしまうのですね。

 

この場合は言うまでもなく、「自分」にもっとフォーカスするべきです。

 

・自分の本当に表現したいこと

・自分が本当に提供したい価値

・自分が本当に貢献したいお客さん

 

こういったものに、真摯に、向き合う必要があるのですね。

 

そうしないと、今の時代は、すぐに見透かされてしまうのです。

 

SNSリテラシー、とでも言いましょうか?

 

それがここ数年で、ものすごく高まっているのです。

 

まあ、それに騙された人が増えてる、ということの裏返しでもありますが(汗)

 

何れにしても、、、

 

世の中的には

 

「常にお客さんに、フォーカスしましょう」

 

と言われることが多いのですが、実際はそんな単純な話でもないと思っています。

 

今、自分自身がどちらにいるのか、ぜひじっくり考えてください!

 

そして、

 

「すでにもうある程度売れているけど、伸び悩み感のある人」

 

は、さらにもう一捻りする必要があるのですが、

 

長くなったのでまたの機会に書こうと思います。

LINE@もやってます!

友だち追加

Post Footer automatically generated by Add Post Footer Plugin for wordpress.


 - 強みを知る