やりたかったことをサッサとやりなさい

グッチ元人事部長の起業コーチが教える、「売れる強み」でいつの間にか豊かになる法則

*

リピートされるセミナー講師の条件(続き)

   


 

こんにちは、小山です。

 

前回の続きです。

 

リピートされる講師に必要な要素は何か、そしてそれを実現するために何が必要か、というお話でした。

 

一回で終わらせるつもりだったのですが、書き始めたら長くなってしまいました;;。

 

講師のお仕事をされている方にとって、一番大事なことは、

 

受講生が積極的に参加し、満足して成果を上げてくれること。

 

そのために一番大切なのは、受講生との関係作りです。

 

ではその関係作りのために、何をどうすれば良いのでしょうか?

 

というところまでお話ししました。
(我ながら回りくどい、、、笑)

 

ここからが今日の話題です。

 

もちろん色々なアプローチがあると思うのですが、今日は2つお伝えします。

 

まず、ちょっと変わった手法を^^。

 

それは何かというと、、、

 

 

『クラウニング』です。

 

は?

 

何それ??

 

と思いましたか?

 

クラウン、、、

 

つまり道化師、ピエロです(笑)

 

大道芸やサーカスによく出てきますね。

 

おどけた格好や動作で観客との関係性を築いていきます。

 

あの仕事、実はかなり技術がいります。

 

相手の気持ちを読んだ上で、心に入っていくような言葉や動作ができないといけません。

 

一方で、これができるようになると、どんな相手とも関係性が作れるようになります。

 

実際、このスキルを使って、養護施設や介護施設に行き

 

入所者の心を明るくする活動を行なっている人も大勢います。

 

有名なのは、パッチ・アダムスです。

 

ロビン・ウィリアムス主演で映画にもなりましたね。

 

このクラウニングのスキルを身に付けることは、

 

講師力アップのためにかなり効果があるはずです。

 

どんな参加者のどんな反応にも、臨機応変に対応できますからね。

 

そしてもう一つは、『ストーリーテリング』です。

 

これはなんとなくイメージできると思いますが、情報をただ伝えるのではなく、ストーリーとして伝達する手法です。

 

コーチング講座で学んだ方も多いかもしれません。

 

これも、相手の感情を動かすことで、より深くコミュニケートすることができます。

 

物語は記憶に残りやすいですからね。

 

講師との関係性を縮め、参加者の学びを深めることを、同時に行える優れた手法です。

 

いかがですか?

 

『クラウニング』と『ストーリーテリング』

 

この二つがあれば「鬼に金棒」です^^。

 

それぞれネットで検索していただけると詳しい情報や、学べる講座などがヒットすると思いますので、ご興味があればぜひチェックしてみてください。

 

Post Footer automatically generated by Add Post Footer Plugin for wordpress.


 - 強みを知る