やりたかったことをサッサとやりなさい

グッチ元人事部長の起業コーチが教える、「売れる強み」でいつの間にか豊かになる法則

*

【売れる強み】「アンタ、一体だれ???」状態です(汗)

   


 

こんにちは!小山です。

 

先日、ブランド変更の方法について書きました。

 

「これ、わかりにくいだろうなあ」

 

と思っていたのですが、ある方から、

 

「わかりましたけど(笑) 、私も少しずつ変えていってるので」

 

というコメントをいただきました^^。

 

そこで調子に乗って今日も少しこの話を。。。

 

ある期間、個人事業主として活動していると

 

・今までとは違うサービスを提供したい
・新しい客層にアプローチしたい
・全く新しいビジネスを展開したい

 

という意欲が芽生えてくるものです。

 

そんな時は、いきなりやるのではなく、

 

少しずつやる方法をまず考える必要があるのですね。

 

市場、つまりお客さんと商品、サービスの2軸で考えます。

 

 

まず考えるのは以下の2つ。

 

今の市場(お客さん)に、新しいサービスを売れないか

 

または

 

今のサービスを、新しい市場(お客さん)に売れないか

 

ということです。

 

一番やってはいけないのは

 

新しい商品、サービスを新しい市場に売ろうとすることです。

 

これが一番難しい方法なんですね。

 

特に個人事業主は、リソースが限られているので、

 

できるだけ「今あるもの」を生かした方がいいのです。

 

もしあなたにある程度のお客さんがいて、ブログやメルマガにも一定の読者がいるなら、

 

その人たちの頭の中には、あなたに対する「ポジティブな認知」がすでにあるはずです。

 

あなた自身に対する信頼感や個人的な好意をすでに持っている人たちです。

 

そのポジティブな認知を生かして、

 

「今度こんなサービスをやろうと思ってるんですが、いかがですか?」

 

と言った方が、受け入れられやすいですよね。

 

ところが、全く知らない人に売ろうとすると、1からやり直さないといけません。

 

「アンタ、一体だれ???」状態です(汗)

 

同様に、もしあなたがある程度の人数のお客さんにサービスを提供した実績があるのなら、

 

その実績を売りにして他の市場(お客さん)に売りに行くことができますね。

 

「〇〇のお客さんに対して、すでにこんな実績が出ています。 あなたにもお役に立つと思いますよ」

 

という勧め方が可能です。

 

つまり、市場をズラすのです。

 

ですので、新しいことを始めたいと思ったら

 

まずは

 

今の市場(お客さん)に、新しいサービスを売れないか

 

または

 

今のサービスを、新しい市場(お客さん)に売れないか

 

ということを考えてください。

 

そうすると、比較的スムーズに進むはずだし、ダメだったとしてもダメージは小さくて済みますので。

 

ぜひ参考にしてくださいね。

 

Post Footer automatically generated by Add Post Footer Plugin for wordpress.


 - 強みを知る