やりたかったことをサッサとやりなさい

グッチ元人事部長の起業コーチが教える、「売れる強み」でいつの間にか豊かになる法則

*

【売れる強み】あなたのブランディングが変わる時 

      2017/04/08


 

こんにちは!小山です。

 

今日の話は少しわかりにくいかもしれません。

 

その場合はスルーしてください。

 

なんの話かというと、、、

 

ブランド変更の話です^^。

 

去年の秋頃からでしょうか、

 

ビジネスの方向性の変更に関するご相談をいただくようになりました。

 

・今までうまくいっていたんだけど、なんとなくシックリこなくなってきた

・どうも最近売上が落ちてきた

・自分がやるべきことはコレではないような気がする

 

それぞれニュアンスは違いますが、

 

おっしゃっていることは似通っています。

 

実は私も大きな流れの変化は感じていて、

 

「今はなんとなくそんなタイミングなのかなあ」

 

と思ったりもします。

 

問題は、

 

「じゃあ、具体的になにをどう変えるのか」

 

ということです。

 

・対象者
・提供するサービスそのもの
・打ち出していくポイント

 

など、見直す点は様々です。

 

もし、今やっていることと全く違うことをやるのであれば、一から作っていくことになりますね。

 

ブログやメルマガを新しくし、新しい読者を獲得するところからスタートです。

 

しかしお分かりの通り、これはなかなかエネルギーを使う上に、うまくいくかどうかもわかりません。

 

こんな場合は、

 

 

その「新しくやりたいこと」をまずは既存のお客さんに提供できないか、

 

と考えます。

 

ちょっと切り口を変えると、意外と大丈夫だったりします。

 

そして、ブログタイトルやコンセプトそのものを本格的に変更する前に、

 

今のブログやメルマガで、そのテーマの記事を書いてみるのです。

 

すでにいる読者に対して、新しい提案をするのですね。

 

例えばですが、

 

ママ起業家向けにブログの書き方を教えるコンサルをしている人が、

 

新しいビジネスとしてカウンセリングをしたいと思ったとします。

 

一般的なカウンセリングではなく、

 

・パートナーと上手くやっていくためのカウンセリング

・ビジネスの妨げになるインナーチャイルドを癒すカウンセリング

 

などで展開してみるのです。
(これはあくまでも例です)

 

すると、当然

 

「そっちには興味ないから」という人も出てきます。

 

一方で、

 

「そういうの待ってたんです!」

 

という読者もいます。

 

その反応を見ながら、イケそうならブランドスイッチです。

 

同じ読者そうに対して、違うサービスを提供するのですね。

 

一方、

 

やってみたけど、全然面白くなかった

 

とか

 

全然反応がない

 

という場合もありえます。

 

そんな時は、プランの練り直しです。

 

きっぱり諦めるか、本腰を入れて新しい読者に対して、新しいサービスを提供するか、決めれば良いですね。

 

何年か続けてそれなりに売れていても、こういう見直しは度々起こります。

 

少し時間をかけて、

 

既存のお客さんの反応もみながら進めていくと、

 

リスクが小さくていいですね。

 

ぜひ参考にしてください。

 

Post Footer automatically generated by Add Post Footer Plugin for wordpress.


 - 強みを知る