やりたかったことをサッサとやりなさい

グッチ元人事部長の起業コーチが教える、「売れる強み」でいつの間にか豊かになる法則

*

【売れる強み】見込み客の〇〇を知っていますか?

      2016/12/25


 

こんにちは!小山です。

 

あなたはご存知ないかもしれませんが、少し前からヘッダーと プロフィール写真を入れ替えました。

 

以前は海でしたが、今度はちょっとゴージャスな室内で撮影しました。

 

キーワードは、「本質」とか「本物」「オーセンティック」などです。

 

一時的な流行に惑わされず、本質を踏まえて王道を行く、という意気込みを表現しました。

 

しかしそれは私が勝手にそう意図しているだけで、実際にうまくいっているかどうかはこれから検証します。

 

ポイントは3つあって、

 

1. 意図が正しく伝わっているか
2. その意図が、見込み客に好ましく受け入れられているか
3. 実際に、お客さんとして来てくれるか

 

ということです。

 

実際、1よりも2と3の方が重要ですね、特に2

 

dac4c21a-8d79-4522-aaaf-212eade0e261

 

いくらこっちがそのつもりでも、相手が気に入らなければ仕方がないのです。
 

 

私たちはよくこの点を見落としがちです。

 

・自分は自分をこう表現したい
・自分はこう見られたい
・本当の自分はこうなんだ
・カッコイイだろ、、、汗

 

その思いがいくら強くても、見込み客、つまり、お客さんになってほしい人から好ましいと思われなければ意味がないわけです。

 

むしろ、逆効果の場合すらありえます。

 

だからプロフ写真やヘッダー、自撮り写真など、いかに自分がキレイに、かっこよく見えるかよりも、見ている人がどう思うかの方がはるかに重要なのです。

 

・あなたの来てほしい見込み客はどんな年齢、性別、嗜好があるのか
・あなたに何を求めているのか
・あなたに対して、どんな印象を持っているのか

 

これらにうまく合わせてあげる必要があるのですね。

 

やっぱりそこには「計算」が必要です。いやむしろ「思いやり」と言っても良いでしょう。

 

まさにこれは、自分の「やりたい」よりも「相手の喜ぶこと」を優先させる、ということに他なりませんので。

 

あなたは見込み客の好みを知っていますか?

 

セルフ・ブランディングにまつわるこんな話もたくさん準備していますよ^^

 

Post Footer automatically generated by Add Post Footer Plugin for wordpress.


 - 強みを知る