やりたかったことをサッサとやりなさい

グッチ元人事部長の起業コーチが教える、「売れる強み」でいつの間にか豊かになる法則

*

【売れる強み】なぜもっとセッションをしないのですか? 

      2016/12/25


 

こんにちは!小山です。

 

以前から起業の相談に乗っていて不思議だったことがあります。

 

何だと思いますか?

 

私はいつも「コーチやカウンセラーで独立したいんです」とおっしゃる方には「今までに何人にセッションしましたか?」と質問するようにしています。

 

すると、、、 「ほとんどやってません;;;」という方が意外と多いのです。

 

これって、私からすると???です。

 

・やったことないのにどうしてそれを仕事にしようと思うのか??

・やってみないとできるかどうかもわからないし、自分が楽しめるかどうかもわからないのに、、、なぜ???

・独立して、プロを名乗ってから練習するんだろうか???

・セッション経験のないコーチやカウンセラーに、どうしてお客さんはお金を払うと思うんだろうか???

 

と、????マークがいっぱい浮かぶのです。

 

あなたはどう思われますか?

 

E840E786-B62E-4B0B-8CE6-610E5F6CCD9B

 

やっぱり、それを仕事にしようと本気で思うのなら、最初はタダでもいいから回数をこなして、経験値を上げるべきではないでしょうか?

 

最近は「経験ゼロのコーチがいきなりウン十万円の契約を取った」とかいう話が多いですが、あなたはそういうコーチに何十万円も払いたいですか?

 

私はイヤです。

 

話をもどして、、、

 

もちろん、「何をテーマにしていいかわからない」とか「どうやって練習相手を見つければいいかわからない」とか、理由はいろいろあると思います。

 

ですが、じっと考えていても仕方がないんです。

 

そこで、もしあなたがまだそんなに回数をこなしていないのであれば、以下のことを試してください^^。

 

・今まで名刺交換した人、公私ともに交流のある友人、知人をリストアップ
 

・個別にメールまたは電話でコンタクトし、「コーチ(カウンセラー)の勉強をしているので、練習相手になってほしい」と伝える
(注)ただし、この伝え方はいろいろなバリエーションがあります。
 

既に専門性のあるテーマでコーチングするなら「あなたの役に立つと思うので、受けませんか?」と有料セッションを提案してもいいです。
 

・ブログを書いているなら「体験セッション募集中!」と記事を書く

・フェイスブックでつぶやく、または個別にメッセージを送る

・友人、知人に声をかけるだけでなく、知り合いを紹介してもらえないかと頼む

・セッションを受けてくれた人に感想を書いてもらい、それをネタにしてブログ記事を書き、さらに募集する

 

こういったことをやりながら、まず自分の経験値をどんどん上げていけばいいのです。

 

そうすると

 

・自分の得意なテーマがわかります

・自分と相性のいいお客さんのタイプがわかります

・自分のスキルがどの程度か、お客さんの反応を見ればわかります

・本当にこれを仕事にしたいかが自分の中で明確になります

 

こういう泥臭いアクションの積み重ねが、あなたの起業を息の長い成功に導くのですね。

 

ぜひトライしてみてください!

 

 

Post Footer automatically generated by Add Post Footer Plugin for wordpress.


 - 駆け出しコーチ、カウンセラー