やりたかったことをサッサとやりなさい

グッチ元人事部長の起業コーチが教える、「売れる強み」でいつの間にか豊かになる法則

*

【売れる強み】その売り方、あってます? 

      2016/12/25


 

こんにちは!小山です。

 

私がこの仕事をしていてよく質問されるのが「クロージングってなんですか?」ということです。

 

あなたはクロージングってなんのことかわかりますか?

 

それは、、、

 

いわゆる「契約を締結すること」ですね。

 

私は外資系の会社にいたので、この言葉はよく使っていました。

 

営業が注文をもらった、面接で出した内定が受け入れられた、なんていう場合に、「クロージングした」なんていいます。

 

あるいはその前の段階、当社と契約しませんか?と働きかけるときに「クロージングをかける」なんて言ったりします。

 

この表現が個人事業主の世界でもそのまま使われていて、新しい顧客との契約が取れたときなどに「クロージングできました!」と表現するわけです。

 

やっぱり売れると嬉しいし、自分を信頼してもらえたということなので、テンションが一番上がる瞬間と言っていいかもしれません。

 

そして実はこのクロージングが多くの人の悩みのタネなのです。

 

駆け出しのコーチやカウンセラーは、自分のサービスを売ることに慣れていません。

 

会社員時代に営業だった人でも、自分のサービスは売れないという話をよく聞きます。

 

これにはセルフイメージの問題とか、場馴れしてないとかいろいろ理由があるのですが、ここではそれに触れません。

 

まあ結局、クロージングしないと話にならないわけです(笑)

 

なのでここはハラをくくるしかないわけですね。

 

では、どうやるか、、、。

 

実は幾つかのバリエーションがあります。

 

large (5)

 

大きく分けて、対面と文章です。

 

両方で売れることが理想ですが、だいたい人により得手不得手があります。

 

一般的に文章で売る方が難しいです。
(顔の見えない相手なかなか信用できないですよね?)

 

ですが、それでも最初から文章で売ってしまう人もいます。

 

ですから、自分がどちらに向いているか、ぜひ試してほしいんですね。

 

私はこの仕事が軌道に乗り始めた頃は、よく個別に声をかけて、お茶を飲んで雑談しながら売っていました。

 

あんまりよく売れるので、そのやり方をまとめたいつの間にか売れてしまう人の3つの習慣」なんていう教材まで作ったほどです(笑)

 

もう4年近く前ですね、、、懐かしい。

 

その後は、いわゆるフロントセミナーで何人か一度に集客して、クロージングをかけるようになりました。

 

そして今では、対面でクロージングすることはほとんどありません。

 

ほぼ100%メルマガとブログで売っています。

 

こんな風に今まで自分でもいろいろ試したし、他の人も見ていますが、やはり人により得意なパターンがあるようです。

 

他の人がうまくいっても自分に当てはまるとは限らない、という原則がここでも働いています。

 

いずれにしても最初から制限をかけずにいろいろ試して、あなたの「必勝パターン」を見つけると、ビジネスがものすごくラクになります。

 

ぜひ挑戦してみてください。

 

ここではあなたに合った売り方を一緒に見つけますよ。

 

Post Footer automatically generated by Add Post Footer Plugin for wordpress.


 - 駆け出しコーチ、カウンセラー