やりたかったことをサッサとやりなさい

グッチ元人事部長の起業コーチが教える、「売れる強み」でいつの間にか豊かになる法則

*

【売れる強み】自分を正しく知る方法

      2016/12/25


 

こんにちは!小山です。

 

自分のことがわからない、という方が多いです。

 

特に、独立したいけれど何を「売り」にしていいかわからない、というのが典型ですね。

 

それに限らず、そもそも自分自身についてよく知っていることが、起業家としてはとても大事です。

 

あくまでも「自分を売る」のが仕事ですので、その自分が本質とずれていたり、周りの人から違和感を持たれるようではマズイわけです。

 

・キャラクターはどう見せるのか?
→パワフル、明るい、優しい、癒される、、、

・ブログの記事は何を、どんなトーンで書くと良いか

・リアル中心か、ネット中心か

・目標を立てて結果にこだわった方が良いのか、直感で行った方が良いのか

・自信を持ってやれることは何か?

・他の人に任せた方が良いことは何か?

 

などなど、数え上げればキリがないわけです。

 

そこで「自分を知ろう」とするのですが、実は「自分」にも2種類あります。

 

まず一つ目は、「今までの経験からわかる自分」です。

 

これは自分史を書いたり、経験の棚卸しをすることでかなりのことがわかります。効果があるので、まだであればぜひやって下さい。

 

そしてもう一つは、、、

 

「今までの経験からだけではわからない自分」です。

 

これも、ある程度推測できるものと、全くお手上げのものがあります。

 

結局、ほとんどの人にとって起業は初めてですから、そこで何をどうすればいいのかわからないわけです。

 

「起業家としての自分」

 

について、思い出すべき経験値がないのです(汗)

 

これはやっぱり、「やってみる」しかないんですね。

 

・〇〇をした時、自分は狙った成果を出せるのか

・出せないとしたら、何が原因か?自分に合った対処法は何か?

・その時、自分はどう感じるか?

・その時、お客さん他の他人はどう反応するか?

・そもそもその成果の設定は自分にとって適切だったのか?

・本当は最初から成果なんて狙わない方がいいんじゃないか?

 

こういったことは、やってみないとわからないわけです。

 

つまり、、、

 

大事なのは、、、

 

16E2785F-9EDD-4AD6-BCAD-E51C6EA17718

 

小さく、数多く試すということです。

 

トライアルアンドエラー、試行錯誤とも言いますが、いわゆる「実験力」がとても大事なんですね。

 

これを繰り返して、自分自身にフィードバックすることで、だんだん自分のことがわかってくるはずです。

 

同時に、「自分が思っている自分」と、「周囲から見えている自分」もだんだん一致してきます。

 

自分の頭の中だけでこねくり回すのではなく、実際に動いてみて反応を見るわけですから、よりリアルにわかるのですね。

 

そうすると活動が俄然やりやすくなって、売り上げも上げやすくなるのです。

 

「自分を知る力」、、、起業家にとってとても重要なんですね^^

 

あなたも実験力をつけて、自分を知る力をアップさせてください!

 

Post Footer automatically generated by Add Post Footer Plugin for wordpress.


 - 強みを知る