やりたかったことをサッサとやりなさい

グッチ元人事部長の起業コーチが教える、「売れる強み」でいつの間にか豊かになる法則

*

無意識の先入観が強化されるメディア 

      2019/10/07


 

こんにちは、小山です。

 

本格的にYouTubeを始めて1ヶ月ほどです。

 

以前はほとんど見ることがなかったのですが、最近はリサーチを兼ねて、出来るだけ見るようにしています。

 

ぶっちゃけ、面白いです^^

 

いろんな番組メニューがズラッと並んでいて、気の向いたものを流し見する感じですね。
(もちろん、じっくり見るものもあります)

 

最近はテレビのない家が増えていると聞いていましたが、確かにyoutubeだとスマホで、いつでもどこでも見られるし、話題になったテレビ番組は、必ず誰かがアップしているので、好きなときにカンタンに見られます。

 

余計なCMが入らないからストレスも、ありません。時間の節約にもなりますね。

 

そして気がついたのは、ここで活躍している人や、得られる情報は、私は普段住んでいる(笑)、SNS特にFacebookとは全く違うということです。

 

「同業者」という視点でも、全く知らない人が、ものすごい再生回数を稼いでいるし、そこで提供される情報も知らないことが多いです。

 

ビジネス全般に関しても同様に、知らないことがたくさん入ってきます。

 

もちろん、私が鈍いんだと言われればそれまで、ですが(汗)、それにしても普段どのメディアを、見ているかで得られるものも全く違うということが、実感できます。

 

しかしこれはちょっと怖い状況でもあります。

 

 

最近はAIが発達して自分が普段よく検索するものと、関連するものをどんどん勧めてくれます。

 

Facebookもそうだし、Amazonもそう。

 

自分の興味のあるもの、関連のありそうなものだけを、見ることになります。

 

普段ラーメンばかり食べている人には、色々な種類のラーメンが提供されるようになり、その中でもとんこつが好きな人には、様々なバリエーションのとんこつラーメンばかりが提供されるようになります。
(これはあくまでも例ね)

 

同時に、とんこつラーメンを食べるリスク(そんなものがあるのかどうかわかりませんが)に関する情報も、遮断されていくわけです。

 

ラーメン以外の食べ物の情報が遮断されて、世の中に美味しい食べ物はとんこつラーメンしかない、と、思い込むようになります。(例ですからね^^)

 

これは、自分の持っている先入観が、どんどん強化される環境だとも言えますね。

 

リアルの人間関係だけでなく、どんなネット環境にいるかによって、自分の世界観が確定してしまうのです。

 

誰かを批判する情報を求める人は、そのような情報ばかりを、与えれられるようになり、やがて社会全体が誰かを批判している、という世界観を持つようになるでしょう。

 

反対に、誰かの良い面を見たり、応援したりする人は、そのような情報に囲まれ、同様な世界観を持つようになります。

 

どちらを選ぶかは自分次第だし、一方で、意図的に選ぼうとしなければ、自然に偏った世界に住むことになります。

 

目先の心地よさに安住せず、アンテナを広げることが大事だと、YouTubeを始めて改めて思った次第です。

 

LINE@もやってます!

友だち追加

Post Footer automatically generated by Add Post Footer Plugin for wordpress.


 - 強みを知る