やりたかったことをサッサとやりなさい (株式会社スマートチェンジ)

グッチ元人事部長の起業コーチが教える、「売れる強み」でいつの間にか豊かになる法則

*

【売れる強み】ガラパゴス起業コンサル 

      2016/12/25


 

こんにちは!小山です。

 

私がいわゆる起業コンサルを始めてから、かれこれ4年です。

 

実際はこれから起業される方だけではなく、すでにご自分のビジネスをスタートしているクライアントさんも多いです。

 

しかしやはりメインは起業支援だと思っているのですね。

 

そしてこの仕事は次々と競合が現れては消えていきます(笑)

 

決してイヤミではありません。

 

多くの場合、起業コンサルはこんな道筋をたどります。

 

①自分の「強み」を売りにして、マンツーマンの起業支援ビジネスに参入
(マーケティングのスキルがある、ライティングがうまい、営業が得意、など)

 

②軌道にのると、高額塾をスタートし、マンツーマンはやめる。

 

③起業ステージよりも、もっと売れている起業家支援(プロデュース業など)をスタート。起業支援そのものをやめる。

 

中には②③を飛ばして全く関係のないビジネス(法人コンサルなど)に参入する場合もあります。

 

やはり「どうせならより儲かるビジネスをやりたい」と思うのが普通ですから、これ自体は自然な流れです。

 

あるいは個人的な興味が移る場合もあるでしょう。

 

ここでのポイントは「みんな比較的早いタイミングでマンツーマンの起業支援をやめる」ということです。

 

効率が悪いですからね。

 

しかし、私は相変わらずマンツーマンの起業支援をやっています。

 

一人一人と向き合いながら進めていくのが楽しいからです。

 

私がそうだったからよくわかるのですが、同じコンサル、同じ塾に行っても、結果の出るスピードは人によりまちまちです。

 

今いるステージが違うから当然なんですよ。

 

特に起業初期はモヤモヤグルグルしながら何ヶ月も、いや下手をすると何年も過ごすことになります。

 

こういう人にマンツーマンで対応するのって、多くのビジネスコンサルは苦手です。

 

なかなか話が進まないし結果も出ないから、自分の手柄にしにくいのです(笑)

 

しかし、じっくり話し合っていると、何らかの糸口はあるものです。

 

たとえすぐには売り上げにならなくても、そこをきっかけにして自分の進む道を見つける方は多いです。

 

ブレークするのがコンサル終了後だったりするので、私の手柄にならないことも多いです(笑)

 

しかし私は楽しんでいるし、クライアントさんに喜ばれることも多いので、ライバルは気にせず続けています。

 

large-2

 

そうこうするうちに起業支援コンサルとしては結構古株になってしまいました。

 

今まで色々な事例も見てきたし、指導法のバリエーションも増えてきました。

 

この市場だけに特化して進化した感じですね。ガラパゴズコンサルです(笑)

 

そんな経験も踏まえつつ、少人数で起業塾をやります。

 

マンツーマンほどの濃さはないかもしれませんが、仲間とも一緒に濃密な時間を過ごせますよ。

 

これからご自分のビジネスをスタートされるのであればぜひお越しください。

 

Post Footer automatically generated by Add Post Footer Plugin for wordpress.


 - 強みを知る