やりたかったことをサッサとやりなさい

グッチ元人事部長の起業コーチが教える、「売れる強み」でいつの間にか豊かになる法則

*

間違えやすい起業塾やコンサルの選び方

      2019/06/07


 

こんにちは、小山です。

 

今日は、成果の話です。

 

毎月フォローしていると、当然良い結果ばかりではありません。

 

毎月の業績は常に右肩上がり、ということでは必ずしもなくて、

 

上がったり下がったりを繰り返すのが、特に起業して間もない時期の、「あるある」だと思います。

 

面白いのは、コンサルや講座を始めてすぐに成果をドーンとだす人が、結構いる、ということです。

 

これは理由があって、一言で言うと

 

今までの積み重ねが、一気に花開いた(現金化した?)

 

と言うことです。

 

今までコツコツとブログやメルマガを書いていた。

 

でもなかなか、お客さんが来なかった、、、。

 

それが、アドバイスに従って

 

・高額商品を作って、提案してみた

・今までとは違う切り口で告知記事を書いてみた

・たぶん買わないと思っていた知人に、思い切って提案してみた

 

という行動をしてみると、

 

・待ってました!!

・実はあなたのこと、気になってたんです!!!

・サービス受けたかったけど、見つけられなくて、、、

 

という反応が、返ってくるのですね^^。

 

だから、今まで積み上げてきたものが一気に、「売上」という目に見える形で還元されるのです。

 

この「すぐに結果が出る」ことは、英語で「クイック・ウィン」と言います。

 

コンサルにとっても結構重要で、とにかく出来るだけ早く成果を出させる。

 

そうすると本人のモチベーションが上がるし、コンサルに対する信頼感も高まるから、その後が非常にスムーズになるのです。

 

ところがですね、、、

 

 

本当のチャレンジは、この後なんです^^。

 

いわゆる、「既存の見込み客」は、割と早いタイミングで底をつきます。

 

すると次の課題は、

 

「新しい見込み客の、リストを構築する」

 

ということになります。

 

これは、一朝一夕には、できません。

 

自分のビジネスの様々な面を見直し、修正し、改善し続けることで、初めて可能になります。

 

ここを、モチベーションをキープしながら、やり続けられるかどうかが、実は一番重要なのですね。

 

一発屋で終わるか、長生き起業家になるかの分かれ道と言っても。良いでしょう。

 

多くの人は、いきなり売れる、つまり、「クイック・ウィン」の方に目が行きがちだし、

 

それを派手に宣伝するコンサルタントや起業塾に人が集まる傾向が、あります。

 

気持ちはわかるし、もちろん早く売れるに越したことはないのですが

 

「本当に大事なのはそこじゃない」

 

ということをわかっておくのも、受講する側として重要ではないかと思っています。

 

・長期的、本質的な視点でアドバイスをくれるか

・仮に契約が終わっていても、その後も長く付き合っている、クライアントがいるか

 

という点もしっかり確認すると良いですね。

 

このことはぜひ覚えておいてください。

 

LINE@もやってます!

友だち追加

Post Footer automatically generated by Add Post Footer Plugin for wordpress.


 - 強みを知る