やりたかったことをサッサとやりなさい

グッチ元人事部長の起業コーチが教える、「売れる強み」でいつの間にか豊かになる法則

*

あのー、あなたホントにそれできるんですか? 

      2019/05/25


 

こんにちは、小山です。

 

あなたも起業家として、

 

・自分の思い

・提供できるサービス

・そこから得られる結果

 

などについて様々な形で、発信されていると思います。

 

しかしなぜかお客さんが集まらない、、、

 

そんな風に悩んでいるとしたら、

 

「肝心なことを伝え忘れていないか?」

 

と、ご自身を振り返ってみてください。

 

それは何かと言うと、、、

 

 

あなたがそのサービスを提供して、価値を提供できる理由

 

です。

 

つまり、

 

「自分がそれをできる理由」

 

ですね。

 

多くの人は

 

「やる理由」は

 

一生懸命書いています。

 

なぜ自分がこれをやるのか、ですね。

 

・夫婦問題で悩んでいたので、同じようなことで悩んでいる人を救いたい

・自分が鬱で苦しんでいたので、そこから立ち直る方法を伝えたい

 

などです。

 

これはこれで重要です。

 

しかし同時に、

 

「なぜ自分はそれをやる資格があるのか」

 

については、はっきり書かない人が多いのです。

 

「裏付け」ですね。

 

「やれる理由」と言っても良いです。

 

・夫婦問題を解決するために、これだけの努力をしてきた。そして、すでに○百人の奥さんを救ってきた。

・鬱が回復してからカウンセラーの勉強をして、すでに〇〇時間の実績がある。

 

などです。

 

こういう裏付けがないと、最近はなかなか信用してもらえないのです。

 

あなたが自分の「熱い想い」 を語れば語るほど

 

「あのー、あなたホントにそれできるんですか?」

 

と、世間の人は心の中で思っています。

 

その「心の声」に答えていかないと、なかなか信用してもらえないのです;;;。

 

「えーでも私、まだ駆け出しなんですけど、、、涙」

 

という場合でも大丈夫です^^

 

仮にそういった実績がなくても、今までやってきたこと関連づけることで、説得力を持たせることもできます。

 

例えば、まだ駆け出しのキャリアコンサルタントであったとしても、

 

・会社員として数十年頑張って成果を出してきた

・数十人の部下を育てた

 

などは立派な裏付けになります。

 

その体験から、実践的なアドバイスをもらえるだろうという期待が、もてるからです。

 

しかし、多くの人はなぜかこういうことを書くことを躊躇します。

 

自分なんかが、、、

 

と思ってしまうのかもしれませんが、本人がそれではお客さんは、お金を払おうとは思いません;;;。

 

ここはひとつハラを括って、しっかりとご自分の

 

「できる理由」を押し出してください。

 

きっと反応が変わるはずですので。

 

LINE@もやってます!

友だち追加

Post Footer automatically generated by Add Post Footer Plugin for wordpress.


 - 強みを知る