やりたかったことをサッサとやりなさい

グッチ元人事部長の起業コーチが教える、「売れる強み」でいつの間にか豊かになる法則

*

「売れる=天職」なんでしょうか?

   


 

こんにちは、小山です。

 

突然ですが、あなたは今の仕事について、どう思っていますか?

 

「天職」とか「魂の仕事」とか「お役目」とか、いろんな呼び方があると思いますが、そういうものだと思ってますか?

 

いかがですか?

 

起業して、今の仕事に満足ですか?

 

楽しいですか?

 

この仕事を選んで良かった、と思ってますか?

 

あ、売れてるとか売れてないとか、いうのは話が別です。

 

面白いもので、売れていると

 

「この仕事は自分に向いている」「天職だ」

 

とか思ったりするんですよね。

 

売れてない場合はその反対です。

 

でも私は、それは分けて考えた方がいい、と思ってるんですね。

 

 

・売れてないけど、幸せ

・売れてないけど、これが自分のやることだと感じる

 

こういう感覚が持てるかどうかが、結構大事ではないかと思っています。

 

多くの人は売れないとやる気をなくします。

 

もちろん、商売としては売れる見込みのないものは、さっさと辞めるのが正解でしょう。

 

しかしそれでも、、、

 

「やっぱりこれが自分のお役目じゃないか」

 

と思うことがあると思うんですね。

 

もしそうだったら、その感覚を大事にすることです。

 

「これが天職という感覚を大事にしながら、売り方は色々試す」

 

ということをやってみてください。

 

一方で、「売れてから壁にぶち当たる」ということも、よくあります。

 

お客さんの反応は良い、数字もそれなりに取れている。

 

でも、、、なんか違う、こんなはずじゃなかった;;;。

 

こんな感覚に陥るのも、実は結構多いのです。

 

「売れる」「売れない」はあくまでも、お客さんの反応です。

 

つまり、自分の外側の反応なんですね。

 

これはこれで重要です。

 

ビジネスの答えはお客さんの中にしかないからです。

 

しかし同時に、「自分の心はなんと言っているか」にも、敏感になってください。

 

それを大事にするのが、長く続ける秘訣だと思います。

 

なぜなら、せっかく売れたのに伸び悩む人や、仕事のやりがいを見失う人というのは、この「心の声」を無視していることが多いからです。

 

この話をし始めると長くなるので、機会があれば改めて書きますね^^。

LINE@もやってます!

友だち追加

Post Footer automatically generated by Add Post Footer Plugin for wordpress.


 - 強みを知る