やりたかったことをサッサとやりなさい

グッチ元人事部長の起業コーチが教える、「売れる強み」でいつの間にか豊かになる法則

*

「売上にこだわらない」ってホント?

      2019/03/28


 

こんにちは、小山です。

 

個人事業主として活動する際に、必ず意識しなければいけないことがあります。

 

それは、、、

 

売上です。

 

たとえ規模は小さくても、事業である限り、売上を立てなくてはいけません。

 

もしも「売上なんてカンケーない」と思っていたとしたら、それは単なる趣味です。

 

もちろんそれが悪いわけではありません。

 

趣味として自分のやりたいことを提供するのは、素晴らしいことです。

 

しかし、起業したからにはやはり「売ってナンボ」という世界なのも厳然たる事実です。

 

売上が大きければ社員も雇えるし、家族を旅行にも連れて行けるます。

 

そしてもちろん、「より大きな」アイディアを、実現するための元手にもなるわけです。

 

では私たちは売上を上げるために起業したのか、というと、必ずしもそうではない、とも言えます。

 

これが話をややこしくしてしまうのですね。

 

・自分のやりたいことがある

・自分の力で幸せにしたい人がいる

・自分の創り出したい未来の姿がある

 

そう考えた時、必ずしも売上にはこだわらない、という考え方も出てくるのです。

 

では、あなたは次のうちどちらでしょうか?

 

1. 売れてナンボ、売上は大きければ大きいほど良い

2. 売上は大事だけど、それはあくまでも結果でしかない

 

このメルマガを読んでくれているあなたは、おそらく2の方ではないでしょうか?

 

もし1だったらとっくに解除していると思います(笑)

 

で、話はここからです。

 

2のタイプの人が陥りがちな間違いについて、書いていきます。

 

まず一つ目。

 

売上にはこだわらない、と言いながら、実際は売上に向き合うことを避けている

 

これ、ものすごく多いです。

 

・自分の発信は本当にお客さんに届いているのか?

・自分のサービスはお客さんにしっかり価値を与えているか

・事業として成立させるために、必要な行動をコツコツと続けているか

 

実際、ここに向き合うのはコワイんですよね。

 

好きなことだけやっていたい、今の自分を変えたくない、自分にダメ出ししたくない、と思うのが人情なので。

 

でも、売上から逃げている限りビジネスは伸びません。結果として自分も楽しめない、ということになります。

 

そして2つ目の間違い。

 

それは「売れていない自分には価値がない」と思い込むことです。

 

1の「売れてナンボ、売上は大きければ、大きいほど良い」と思っている人は、もし売れないと「売っているものに価値がない」と思いがちです。

 

だから商材やテーマをコロコロと変えます。

 

その結果売れるものにたどり着けばそれで良い、と考えるのですね。

 

これはこれでアリです^^。

 

でも、自分のやっていることに思い入れが強いと、結果が出ない時に自分自身を責めてしまうのです。

 

これはとても危険なことです。

 

自分自身の価値を、自分で否定することになるからです。

 

ではどうするか、、、

 

 

数は少ないかもしれないけれど、喜んでくれたお客さんを思い出すことです。

 

・あなたのサービスを受けてよかった、と笑顔で言ってくれた人

・あなたのアドバイスのおかげでこんな素晴らしい結果が出ました、と少し経ってから報告してくれた人

・○○さんのサービスいいよ!とあなたのことを紹介してくれた人

 

そういう人たちのことをしっかりと思い出すのです。

 

あなたの本当の価値はそこにあります。

 

今は売上が少なくても、次に進んでいく原動力になるし、売上を伸ばすための活動に情熱を注ぎ続けることができます。

 

売上は大事、でも売上で自分の価値を計らない

 

これが一番大事なことだと思います。

 

LINE@もやってます!

友だち追加

Post Footer automatically generated by Add Post Footer Plugin for wordpress.


 - 強みを知る