やりたかったことをサッサとやりなさい

グッチ元人事部長の起業コーチが教える、「売れる強み」でいつの間にか豊かになる法則

*

コレが言えたら、そのサービスはあっさり売れます!

   


 

こんにちは、小山です。

 

いきなりですが一つ質問です。

 

新しい講座やサービスを作るとき、一番重要なものはなんだと思いますか?

 

・ノウハウ

・顧客ニーズ

・コンセプト

・得られる結果

 

など、いろいろあると思いますが、私が一番重視しているのは、

 

何かというと、、、

 

それは、、、

 

 

「ビッグアイディア」です。

 

この「ビッグアイディア」という言葉、使う人によって少しずつニュアンスが違います。

 

だから本当は別の言葉を使いたいんですが、思いつかないので、一応これにしておきます(汗)

 

ではこの「ビッグアイディア」とは、いったい何でしょうか??

 

具体例をお見せした方が、わかりやすいと思うので、私のサービスで説明すると、、、

 

「性格ベストフィット起業」は

 

「あなたの性格に合ったノウハウを採用すれば、売れるようになる」

 

ということです。

 

「高成約メールブランディング」は

 

「読者との信頼関係が作れれば、メールだけで高額商品が売れるようになる」

 

むかーし提供していた「100日起業プロジェクト©?」の場合は

 

「必要なことだけやれば、独立して100日でファーストキャッシュが手に入る」

 

なんとなくキャッチコピーのようでもあるし、コンセプトのようでもあります。

 

しかし、、、

 

ちょっとニュアンスが違うんですね。

 

例えば「性格ベストフィット起業」の場合

 

「あなたの性格に合ったやり方を採用すれば、売れるようになる」

 

というビッグアイディアから

 

「あなたが売れないのは、やり方が性格に合っていないからかもしれない」

 

「あなたは、自分の性格タイプを知っていますか?」

 

「あなたの性格はどのタイプ?それがわかればラクラク月商100万円」

 

などなど、実際に使うかどうかは別にして、色々なキャッチコピーのアイディアが浮かんでくるわけです。

 

「コンセプトやコピーの、大元になるアイディア」ということなんですね。

 

これが明確で、しかも「魅力的」であればあるほど、そのサービスは売れやすくなります。

 

「魅力的」とはつまり、、、

 

「カンタン、新鮮、わかりやすい」

 

という3拍子が揃っているということです。

 

「カンタン」

あ、私でもできそう!

 

「新鮮」

見たことない、新しい!

 

「わかりやすい」

結果が見える、言いたいことが伝わる、語呂が良い

 

ということですね。

 

しかも簡潔で短い表現はマストです。

 

反対にこの「ビッグアイディア」が

 

・ぼんやりしていたり

・ムダに長かったり

・どこかで聞いたような内容だったり

・そもそも、表現できなかったりすると

 

どんなにキャッチコピーをひねってもなかなか反応が取れないのです。

 

もしあなたのサービスの反応がイマイチだと思ったら、この「ビッグアイディア」をしっかり言語化するところから始めてください^^。

 

きっと色々な気づきがあると思いますので。

 

Post Footer automatically generated by Add Post Footer Plugin for wordpress.


 - 強みを知る