やりたかったことをサッサとやりなさい

グッチ元人事部長の起業コーチが教える、「売れる強み」でいつの間にか豊かになる法則

*

動けない時は〇〇するといいですよ

      2018/07/30


 

こんにちは、小山です。

 

先日、スランプの時の対処法について書きました。

 

どうも調子が悪い、思ったような結果が出ない、という場合です。

 

そんな時どうすればいいか、という話でした。

 

詳しくはこちらを読んでもらうとして、、、

 

ある方からご質問があったので今日はその件です。

 

やらなきゃいけないとわかってるのに動けない時はどうしたらいいでしょうか?

 

はい、これはコーチングでよく出てくる悩みですね。

 

答えはいろいろありそうです。

 

・根性を出して頑張る

・動いた時のメリットとデメリット、現状のままのメリットとデメリットを書き出して比較する

・それぞれのタイムラインを歩いて、感覚を味わい、選ぶ

・頑張らない

 

などです。

 

もちろん実際は人により状況により異なります。

 

私も相手によって、

 

・グチャグチャ言ってないで早くやってください!

 

と尻を叩く場合もあれば、

 

・別に無理しなくていいですよ~

 

と優しく言う場合もあります(笑)。

 

一般的に、「動けない」という人のほとんどは、「やり方がわからないから動けない」のです。

 

いわゆる参照データベースとか参照枠と呼ばれるものがない状態は不安なので、やれと言われてもできないのですね。

 

しかし、

 

やり方がわかっているのに動けない

 

という場合は、おそらく何か理由があります。

 

そこはじっくり観察した方が良いです。

 

 

・その「やり方」自体に何か抵抗感を感じている

・動いた先に何か都合の悪いことがあると思い込んでいる

・やること以外の何かを優先したいと思っている

 

などです。

 

こうやって自分を振り返ると、それまではある意味で「機械的に」やって来たことを改めて見直すことができます。

 

・もうこれは飽きたから次に行きたい

・他にもっといいやり方があるような気がする

・本当はやりたくなかった、、、笑

 

など、いろいろな気づきがありそうです。

 

個人的にオススメするのは、

 

もし動きたくないのであれば

 

「それをやらずに済ますにはどうすればいいか?」

 

と素直に考えてみるということです。

 

もし取引先に訪問するのが嫌であれば、

 

・行かずに売上をあげられないか

・そもそも、営業をせずに売れるのではないか

・他にもっといい仕事があるんじゃないか

 

など、、、、

 

まあ妄想も含めてあれこれ考えるといいですね。

 

実際、今月からスタートする、高成約メールブランディング実践講座でお伝えする

 

「メルマガだけで高額商品が売れるようになる方法」も、

 

元はと言えば

 

なんとか対面セールスをやらずに高額商品を売りたい!

 

と思ったのがきっかけでしたから。

 

なんか動けないなあ、、、と思ったら、視点を変える良いチャンスだと捉えていろいろと妄想してみてください。

 

Post Footer automatically generated by Add Post Footer Plugin for wordpress.


 - 強みを知る