やりたかったことをサッサとやりなさい

グッチ元人事部長の起業コーチが教える、「売れる強み」でいつの間にか豊かになる法則

*

現実を動かすのに裏付けとなるのは?

      2018/07/21


 

こんにちは、小山です。

 

多くの人が自分の棚卸しをする際に、ある傾向があることに気づきました。

 

それは、「自分の職務経歴を重視しない」ということです。

 

職務経歴を重視する人は、その通り、自分のやってきたことや実績を詳しく語ります。

 

そして実際に素晴らしい実績をあげています。

 

しかし起業を考える多くの人は、なぜか自分の職歴を否定する人が多いです。

 

・今の仕事が嫌だから全然違うことで起業したい

・自分のやってきたことなんて、価値がないから振り返っても仕方がない

 

という反応になりがちです。

 

そしてどうなるかというと、自己啓発にハマったり、資格マニアになったりするのです(汗)

 

決して自己啓発が悪いわけではないし、資格を取るなと言っているわけでもありません。

 

自己啓発は自分の内面を見つめ直し、本当に望んでいる人生を描き出すのに役立ちます。

 

しかし、、、その人生を「具体化する手段」は、提示しません。

 

また、資格はある領域に関して一定の知識や技術を担保するものです。

 

しかし、、、それを裏付ける「経験」までは与えてくれません。

 

 

現実を動かすのは、具体的な行動であり、その裏付けとなるのは「経験」です。

 

経験のないことをやるのは時間がかかります。

 

失敗する確率も高まります。

 

しかし、実際に経験して身につけた知識や技術は簡単には崩れません。

 

起業して自分のサービスを売り物にするときに、最もアテになるのは、実は自分の「職務経験」だったりするのです。

 

人によっては忌み嫌い、「もう二度と戻りたくない、やりたくない」と思っている仕事の中に、未来のタネがあるのです。

 

「1日でも早く会社を辞めたい、起業したい」と思っている人には、信じられないかもしれません。

 

しかし、実際にイヤなのは仕事そのものではなく、文句が多い取引先とか、パワハラ上司とか、毎回繰り返される価格交渉なのかもしれません。

 

その視点で自分の職歴を見直してみると、意外と色々なことをやってきて、しかも結構自分に向いている、と気づく人も大勢います。

 

一人で棚卸しをしていると、大事なことを見落とす場合が多いのですね。

 

もし思い当たる点があるならば、こちらに参加されると良いですよ。

 

Post Footer automatically generated by Add Post Footer Plugin for wordpress.


 - 強みを知る