やりたかったことをサッサとやりなさい

グッチ元人事部長の起業コーチが教える、「売れる強み」でいつの間にか豊かになる法則

*

読みやすい文章を書くコツ

      2018/07/04


 

こんにちは、小山です。

 

今日はちょっと手前味噌です(笑)

 

最近、、、というか以前から

 

「小山さんの文章は読みやすいですね」

 

と言われます。

 

はい、それはかなり意識しています。

 

なぜかというと、起業した当時、私が一番苦労したのが

 

「言葉の違い」

 

だったからです。

 

会社員、特に男性の方はわかってもらえると思うのですが、

 

管理職の男性が社内文書で使う言葉は、漢字が多いです。

 

そしてその表現は

 

「論理的で、論旨に乱れがないか」

 

ということに重点が置かれます。

 

誰かから突っ込まれないためです(笑)

 

なので「わかりやすい表現」よりも、「キズのない表現」にこだわりがちです。

 

私、最初はこれをそのままブログ文章に持ち込んでいたのです。

 

社内文書と同じ表現で、個人の見込み客あての記事を書いていたわけですね。

 

これも、起業されている方は、おわかりいただけると思いますが、

 

社内の関係者を説得する文章と、個人のお客さんの心を動かす文章には雲泥の差があります。
(あ、難しいことを言ってしまった、、、笑)

 

なので、当時お世話になっていたコンサルさんには

 

小山さんの文章は難しい、ムズカシイ

 

と良く言われていました。

 

最初はその意味が、よくわからなかったのですが、今でははっきりわかります。

 

で、最近は

 

「どうやったらわかりやすい文章が書けますか?」

 

と質問されることも増えてきたので、一つだけ書いておきます。

 

それは、、、

 

 

=========

自分の書いた文章を音読する

=========

 

ということです。

 

大抵の場合、

 

「頭の中でこねくり回した文章」

 

は、回りくどく、わかりにくい文になりがちです(汗)。

 

やたら専門用語が出てきたり、一つのセンテンスがとても長くなったりします。

 

しかし、書いている本人はなかなかそれに気づきません。

 

でも声に出して音読すると、

 

音で聞いただけでは、意味がわからない熟語とか

 

やたら長くて息継ぎしないと、最後まで行かないような、長い文章とか(汗)

 

読んでる本人がよくわからなくなるほど、複雑な論理展開とか(笑)

 

といったことが感覚的にわかるようになります。

 

その気づきが、最初の一歩になります。

 

「あ、これ私のことかも、、、、」

 

と思った場合はぜひお試しください。

 

Post Footer automatically generated by Add Post Footer Plugin for wordpress.


 - 強みを知る