やりたかったことをサッサとやりなさい

グッチ元人事部長の起業コーチが教える、「売れる強み」でいつの間にか豊かになる法則

*

諦めの悪い人

      2018/04/24


 

こんにちは、小山です。

 

突然ですが、あなたは諦めが良い方ですか?悪い方ですか?

 

起業に限らず、何かを成し遂げようとしているなら、諦めは悪い方がいいです。

 

自分のコミットした目標を達成するためにはちょっとやそっとのことでは諦めない、

 

という姿勢こそが大事だからです。

 

しかし問題は、、、

 

「何を」諦めないか、なんですね。

 

つまり、頑張る対象、いわゆるコミットメントの対象です。

 

時々、「自分の」やり方や売り方にこだわる人がいます。

 

・私はこういう人間だから、こうするんです

・私のやりたいことはこれだから、他のことはやりたくないんです

 

という感じですね。

 

自分の仕事のスタイルやサービスにこだわること自体は、決して悪いことではありません。

 

むしろそういう強さやこだわりは必須と言えるでしょう。

 

しかし、結果が出ないのがわかっているのにまだそれにこだわり続けるのはどうかなあ、

 

と思うわけです。

 

え、さっき「諦めの悪さが大事」って言ってたのにどういうこと??

 

と思いましたか?

 

それはつまり、こういうことです。

 

 

===========

 

こだわる対象を間違えない

 

===========

 

ものすごく卑近な例をあげると、、

 

〇〇さんが大好き!

絶対結婚したい!

 

と思っていても、その通りにはならないことも多いわけです。

 

相手の気持ちもありますからね(笑)

 

そんな時、いつまでもその〇〇さんを諦めないのは、対象が間違っています^^

 

きっとその人にとってコミットすべきことは、

 

「理想のパートナーに出会って幸せな生活を送る」

 

ということです。

 

だから、もしその〇〇さんが「ダメだ」と思ったら、サッサと次に行くべきなのです。

 

だってさっきも書いた通り、コミットする対象は

 

「理想のパートナーに出会って幸せな生活を送る」

 

ということだからです。

 

もしコミットの対象が

 

「起業して自由な生活を送る」

 

ということであれば、

 

そこにだけしっかりコミットすればいいのです。

 

「提供するサービスや売り方はそのための手段」

 

ぐらいの割り切りがあって良いと思います。

 

その代わり、自分の本当に実現したい目標にはしっかりコミットする、ということですね。

 

だから、実際にそう言う人は常に改善、カイゼンを繰り返しています。

 

何かを試して、結果をみて、やめることはやめ、変えることは変え、新しいことも貪欲に取り入れます。

 

そうやって「諦めることなく」変化し続けるのですね。

 

これが私の言う「諦めの悪い人」です。

 

ぜひ参考にしてください!

 

Post Footer automatically generated by Add Post Footer Plugin for wordpress.


 - 強みを知る