やりたかったことをサッサとやりなさい

グッチ元人事部長の起業コーチが教える、「売れる強み」でいつの間にか豊かになる法則

*

【売れる強み】昔の悩みが思い出せないときは

   


 

こんにちは、小山です。

 

特にコーチやカウンセラーとして起業する方がよく言われるのが

 

「昔の自分のような人を救いたい」

 

というものです。

 

例えば、昔

 

・パートナーとの関係がうまくいかず悩んでいた

・どうしても痩せることができず苦しんでいた

・起業したのに集客できず生活が苦しかった

 

など、何年か前の自分と同じ悩みを持つ人に対して、

 

それを克服した経験を商品化して提供するのですね。

 

このやり方の良い点はまず「ニーズがあることがわかっている」ということです。

 

なにせ、自分自身がそれで悩んでいたわけですから、きっと他にも同じような人がいる確率が高いわけです。

 

しかも、見込み客の気持ちをリアルにイメージすることができます。

 

自分がそれで悩んでいたんだから当たり前です(笑)

 

やってみるとわかりますが、コーチやカウンセラーの場合

 

見込み客の悩みや心の状態をどれぐらいリアルにイメージし、言語化できるかが、売上に直結します。

 

まさに「ドンズバ」な表現ができるかどうかです。

 

表面的な想像や言語化だけではなかなか読み手の心に刺さらないわけです。

 

もちろん自分の経験していないテーマでも起業できるし、それでうまくいく場合も多いですがそれにはそれなりのやり方があります。

 

ちょっとしたコツやスキルも必要です。

 

だから、少なくとも最初に扱うテーマとして数年前に自分が実際に悩んでいたことを取り上げるのは、

 

とても成功確率の高い方法だと言えるわけです。

 

実際にそれでうまくいく人が多いです。

 

ところがですね、、、

 

何年かそれをやり続けているうちに困ったことが起こるのですね。

 

 

=============

 

昔、自分が何で悩んでいたのか思い出せなくなるのです

 

=============

 

これは、人生的には望ましいことです。

 

過去の悩みを克服して、新しいステージに進んだということですので。

 

しかし、商売的にはちょっとマズイ。。。

 

それまでは手に取るようにわかった見込み客の気持ちが、イマイチピンと来なくなり

 

なんでそんなことで悩んでるんだろう?と思ってしまう。

 

だから、ブログやメルマガ記事も書いててつまらないし、セミナーや講座も気合が入らない;;;

 

ということになってしまうのです。

 

「そういえば最近、集客力が下がってきたなあ」

 

と思うときは、それが原因かもしれません。

 

そんなときにやることは2つです。

 

(1)実際に悩んでいるステージにいる人つまり見込み客に話を聞きまくる

 

いわゆるヒアリングですね。

 

しっかり時間をとってじっくりと聞き込みます。

 

もう自分はそこにはいないけれど相手の立場になってその気持ちを想像する、体感する、という作業です。

 

これはどんなテーマを扱う場合も重要な姿勢です。

 

そしてもう一つは、、、

 

(2)もっと自分の興味が持てるテーマにシフトする

 

実はこっちが本筋、というケースも少なくありません。

 

「もう自分はこのテーマは卒業して、次に進もう」

 

と決意するタイミングなのかもしれません。

 

・より高いステージの人を相手にする

・よりスキルや経験が求められる難しいテーマを扱う

・今まで自分がやっていたことはお弟子さんに全面的に任せる

 

などなど、リスクは最小限にしつつ、こういった行動を取ることが、実は長く活躍する秘訣のような気がします。

 

自分のエネルギーを高い状態に保ちながら、新しい市場を開拓する姿勢を持ち続けたいですね。

 

Post Footer automatically generated by Add Post Footer Plugin for wordpress.


 - 強みを知る