やりたかったことをサッサとやりなさい

グッチ元人事部長の起業コーチが教える、「売れる強み」でいつの間にか豊かになる法則

*

【売れる強み】高額商品を売る自信のつけ方 

      2018/02/06


 

こんにちは、小山です。

 

実は先日のセミナーの中でも少しお話ししたことなのですが、

 

「高額商品を作ってみたものの、売る自信がありません」というご質問をよくいただきます。

 

実際、「自信がないから売れない」というケースはよくあります。

 

そんな人でも、自信を持てば余裕で売れるようになります。

 

じゃあどうすれば自信が持てるのか、ということがポイントになりますね。

 

ここから先はセミナーとは違う話です(笑)

 

 

言うまでもありませんが、お客さんが高額商品を買うのには理由があります。

 

なんとなく良さそうだから、、、

 

と言う理由でウン十万円は払わないのですね。

 

おそらくあなたもそうだと思います。

 

・どうしても解決したい悩み

・今すぐにでも解消したい不安や苦しみ

・どうしても実現したいけど、どうすればいいのかわからない願望

 

「こういったことに対する解決策が得られる!」と思った時、決断するものなんです。

 

だから、やるべきことは、

 

・あなたの高額商品は、誰のどんな悩みを解決するものなのか

 

そして

 

・それに対するあなた独自の解決策は何か?

 

と言うことを、明確にすることなんですね。

 

いいサービスなのに売れないケースは、ここがぼんやりしているのが原因である場合がほとんどです。

 

ぼんやりしているから、売る側もイマイチ自信が持てないのです、、、

 

逆に、ここがはっきりしていれば自信をもって提案できますね。

 

砂漠で水を売るようなものです(笑)

 

で、ここまではおそらくあなたもどこかで聞いたことがあると思います^^

 

そんなのとっくにやってるよ、と思っておられるかもしれません。

 

そこで次に試してほしいことは、これです。

 

「あなたの解決策をすでにお客さんが知っているとしたら、なぜその人はまだ問題を抱えているのだろうか?」

 

と自問してください。

 

ちょっとわかりにくいかもしれないので事例をあげましょう。

 

仮に、小山さんがパートナーシップのカウンセラーだったとします。

 

そして、彼氏のいないアラフォー女性向けのサービスを作るとします。

 

小山さんの提示するこのお客さんの悩みの解決策が

 

「理想の彼氏像を明確にしましょうね」

 

だったとします。

 

しかしそこで終わってはいけません。

 

そうではなくて、

 

「お客さんはすでに、理想の彼氏像が明確になっている。でも解決しない。それはなぜか? 」

 

と考えるわけです。

 

そうすると

 

・そもそも理想像が非現実的

・見栄や外見で作り上げている

・本当は一人でいたいと思っている

 

などが出てきたとします。(あ、例ですからね)

 

そうすると、新しい解決策は

 

「本来の自分で生きているとパートナーができるよ」

 

と言う提案になるかもしれません。

 

そして更に

 

「この解決策をすでにお客さんが知っているとしたら、なぜその人はまだ問題を抱えているのだろうか?」

 

と、問いかけるのです^^

 

ちょっと面倒くさい感じがしますが;;、これを繰り返すと、他にない魅力的なコンセプトが出てきたり、本質的な解決策を見いだせたりします。

 

つまり、あなた独自の視点と解決策が生まれるのです。

 

そうすると、当然「あなたの言葉」に自信と情熱が宿るのですね。

 

こうなったら強いです。

 

多くの人はここまでやらずに、通り一遍の結論で満足してしまうのですね。

 

そして、なんとなくモヤモヤした状態で提案するのです。

 

だから、そのモヤモヤが相手にも伝わって、結局契約してもらえないということになるのです。。。

 

ぜひ今日ご紹介したアプローチでご自身の高単価サービスを見直してみてください。

 

Post Footer automatically generated by Add Post Footer Plugin for wordpress.


 - 強みを知る