やりたかったことをサッサとやりなさい

グッチ元人事部長の起業コーチが教える、「売れる強み」でいつの間にか豊かになる法則

*

【売れる強み】バックエンド作成かんたん3ステップ 

      2017/12/20


 

こんにちは!小山です。

 

このところ、来年から始まる「性格ベストフィット起業実践コース」の参加者対象に、個別セッションを行なっています。

 

様々なステージの方がおられますが、コンセプトやバックエンド商品を一緒に考えることが多いです。

 

特にバックエンドについては、何年も活動しているのにまだ作れない、という方がけっこういらっしゃいます。

 

あなたはいかがですか?

 

今更ですが、バックエンド(に限りませんが、、)には3つの要素が必要です。

 

・ビフォー:お客さんの現状、解決したい悩みごと

・アフター:バックエンドを購入することで得られる成果

・ステップ:その間の道のり

 

ここが曖昧だと、なかなか売れません。、特にビフォーアフター

 

ただ、ビフォーアフターの話はけっこうあちこちにノウハウが転がっているので(笑)、今日はステップの話をします。

 

ここも意外と悩むんですよね。

 

もし「ステップ」作りで悩んでいる場合は、以下の場面をイメージしてみてください。

 

①あなたの理想のお客さんがやって来ます

②そして、あなたが扱いたいテーマの悩みを話し始めます
(主人とうまくいっていない、転職したいが何からやっていいかわからない、いくらダイエットしても痩せられない、など)

③この時、あなたはまずなんと言いますか?そして、どんな質問や課題を投げかけますか?

 

それに対して相手はなんと答えるでしょうか?

 

そして更にあなたはどうしますか??

 

。。。という具合に、一度自分の中でシミュレーションをして欲しいのです。

 

この流れ(3ステップ)は当たり前のようですが、実際はここのイメージを持っていない人が多いのですね。

 

「それはその時になって見ないと、、、汗」という方が多いのですが、それだと売れないのです。

 

なぜかというと、、、

 

 

この「ステップ」こそが、あなたの提示する解決策になるからです。

 

「私はあなたの悩みを解決できます。そのためにこんな段階を踏んでいきます」

 

と自信を持って答えられなければ、見込み客の信頼を得ることはできないのですね。

 

治療方針が曖昧なお医者さんと同じです(笑)

 

お医者さんはそれでもいいかもしれませんが、コーチやカウンセラーはそれだとマズイわけです。

 

このステップには、あなたの今までの経験や知識、スキルを様々な形で盛り込むことができます。

 

自分はコーチだからコーチング一本で、と思っていた人が、実際に作ってみるとNLPやカウンセリング、そして今までの仕事経験を盛り込めることがわかった、というケースもあります。

 

もちろん、そうすることでライバルとの差別化も実現できます。

 

なので、ぜひ上に書いた3つのステップを試しにやって見て下さい。

 

きっと色々なアイディアが浮かんでくると思いますので。

 

Post Footer automatically generated by Add Post Footer Plugin for wordpress.


 - 強みを知る