やりたかったことをサッサとやりなさい

グッチ元人事部長の起業コーチが教える、「売れる強み」でいつの間にか豊かになる法則

*

【売れる強み】メールだけで高額商品を売るたった一つの秘密

   


 

こんにちは!小山です。

 

「メールだけで高額商品が売れるようになって、ビジネスがやりやすくなった」と書いたら、何人かの方から

 

「どうすればそれができるようになるか知りたいです」

 

というご連絡をいただきました。

 

その人だけに返信してもよかったんですが(笑)それもアレなので、ここで書いてしまおうと思います。

 

その秘密は、、、

 

==========

メールで自分のことをブランディングする

==========

 

ということです。

 

はあ???

 

と思われたかもしれませんね^^

 

おそらくわかりにくいことのひとつは、「ブランディング」という言葉の意味だと思います。

 

多くの人は「ブランディング」と聞くと、世界的に有名な会社やサービスをイメージします。

 

・アップル

・マクドナルド

・ディズニーランド

・ルイヴィトン

 

などなど。。。

 

そして、「なんでそんなことが個人事業主にできるわけ??」と思ってしまうのですね。

 

もちろん、これは勘違いです(笑)。

 

同じようにできるわけがありません;;;。

 

世界中の人に対して認知を広げるなんて無理だし、そもそもそんなことをする必要がありません。

 

私たちが相手にできるお客さんの数は年間にせいぜい数百人です。

 

だから、その人たちにだけ自分というブランドを知ってもらい、ファンになってもらえばいいわけです。

 

つまり、、、

 

 

他の人にはどうでもいいけど、今これを読んでいるあなたにだけは私のことを「ブランド」として認知してもらえばいいわけです。

 

ブランドって、一人一人の頭の中で作られるものですからね。

 

だから、たった一人の対象であるあなたにだけ、私のことをわかってもらって、信頼してもらえばいいのです。

 

これを私は勝手に「メールブランディング」と呼んでいます。

 

このことだけを意識して、私はメルマガを書き続けているわけです。

 

ただ、このやり方は少し時間がかかります。

 

考えて欲しいんですけど、昨日スタートしていきなりブランドになる、なんてことはないですよね。

 

やはりそれなりの時間をかけて作っていくものですから、「短時間でいきなりドカンと売りたい」という方には向かない方法です。

 

でも逆に、時間をかければかけるほど信頼が蓄積していくので、どんどんラクになるし、どんどん売上も増えていきます。

 

毎回毎回獲物を取りに行かないといけない狩猟型と、コツコツ時間をかける農耕型の違いといっても良いでしょう。

 

決していい悪いではないし、両方できればそれに越したことはありません。
(だから、先日私もプロダクトローンチをやりました)

 

でも、狩猟型だけで作るビジネスはしんどいです。

 

獲物を取り損なうことだってあります。

 

また、「ずっとホームランを打ち続けないといけないモデル」と言い換えても良いでしょう。

 

そんな、どの世界にもスーパースターはいません;;;。

 

だから、コツコツをメルマガを書きながら、読者の心の中にしっかりをブランドを植え付けていくやり方を取っているのです。

 

次回はもうちょっとこの件について書いていこうと思います。

 

あ、ここまで読んで「別にアンタのことなんか興味ないし」と思った場合は、ぜひこちらからさっさと解除してくださいね(笑)。

 

Post Footer automatically generated by Add Post Footer Plugin for wordpress.


 - 強みを知る